アラビア語の文法用語の関連記事|アラビア語オンライン

カテゴリー:アラビア語の文法用語の記事一覧

アラビア語オンライン

別世界へのパスポート、アラビア語を始めたい人の初めの一歩

カテゴリー:アラビア語の文法用語

アラビア語の読み方~少し読むのに戸惑うスクーンの簡単な練習方法

今日はそ「この言葉はちゃんとよめているだろうか」?

 

と戸惑ってしまうポイントであるスクーンについてのお話です。

 

アラビア語文字を読めるようになるには?

 

 

アラビア語の読み方を学ぶのはそれほど難しくありません。

 

アラビア語の文字は全部で28文字プラス2つの記号。
 

合計30の文字にかかわる形を覚えれば、アラビア語を読めるようになります。

 

アラビア語は少し読めるようになるけれども、戸惑うことは少しあるかもしれません。

 

最初のうちは目の前に現れたアラビア語が正しく読めているのどうか、確信を持てないことも多々あります。

 

正しく読めるようになるために

 

 

そういった悩みはアラビア語だけでなく、どんな言葉を学ぶときも同じです。

 

それほど考え込まずに、アラビア語に触れる機会を増やしていけば良いことです。

 

だんだんと解消されていく悩みです。

 

この言葉はちゃんと読めているのだろうかと、とまどう場所というのはどこにあるのでしょうか?

 

アラビア語を始めた人が気になるポイントというのはほとんどが同じです。

 

そのポイントの一つである、スクーンについてのお話です。
 

スクーンとは?

 

 

スクーンというのは、アラビア語の文字の上の部分に表示される、発音補助記号の一つです。
 

アラビア語には発音を補助する記号というのがいくつかあります。

 

こちらに、そのほかの発音を補助する記号についての記事がありますので参考にしてください。

 

 ↓↓

アラビア語を読むときのポイントの母音記号~アラビア語教室の風景から

アラビア語を読むときのポイントの母音記号~アラビア語教室の風景から

アラビア語のオンライン教室で発音のポイントの解説をしました。アラビア語には発音をあらわす記号があります。アラビア語文字を正しく読むために、補助記号として「母音記...

投稿 2018/01/28

 

 

スクーンの形はこんな形

 

 

 

 

スクーンの意味は?

 

スクーンはアラビア語で書きあらわすと、سكون となります。

 

この言葉の持つ意味は、「静かであること」です。

 

イメージでとらえると、「しーんと静まり返っている」状態です。

 

もともと、アラビア語の文字は 子音 だけを表しています。

 

そして、単語によって、A、I、U という母音をつけて、変化をつけていきます。
 

でも、この〇の記号は、この記号がついているときは、いつもつけている AとかIとかUの

 

母音記号をつけるのをやめて静かにしましょうという印になります。
 

共通点をみつけると覚えやすい

 

これは完全に余談になるのですが、日本語にも文章を書くときに、句読点として〇があります。

 

静かにすることを示す記号ではありませんが、止まるといういう動作がなくなって静かになる。

 

という様子では共通点があるような気がします。

 

自分の知っている世界のことと、新しい世界の共通点を見つけるとうれしくなります。

 

スクーンを読む簡単な練習方法

 

スクーンのついた文字を読むときの感覚を覚えるのに、とても簡単な方法があります。

 

文字の前に アリフを一つおいてみてから発音します。

 

例えば、↓にかいてあるアラビア語をみてください。アリフとタ~にスクーンです

 

 

 これは日本語的に説明をすると「アッツ」 のように感じられます。

 

 そしてッ をなくして、できるだけはやく ツ を発音するようにして、ツのなかにあるゥは発音しないようにします。

 

 次のアリフにシーンとスクーンは 「アッス」のように感じられます。
 

 このスを発音するときは、できるだけ スのなかにある ゥは発音しないようにします。

 

 歯のすきまからスプレーのような「スー」っという音を出してみるとかなり近くなります。

 

アラビア語って面白い

 

アラビア語って面白いと思ってくださった方に、おすすめの本があります。

 

アラビア語をはじめるヒントがたくさん書いてある、
 

アラビア語の初めの一歩の本です。

 

よかったら読んでみてください。

 

 ↓

アラビア語入門~ハザーがハーザーになるわけとは?

アラビア語入門~ハザーがハーザーになるわけとは?

アラビア語を始めたばかりのときには、それはそれはいろんな疑問がわいてきます。

 

 

いま、学んだばかりなのに、これはそのルールと違うよね。

 

 

ということが、ぽろぽろと。

 

 

今日はその中でも、アラビア語を学びはじめてすぐに出会う小さな疑問「ハザー」なのに「ハーザー」と読むときの記号についてです。

 

 

 

 

アラビア語で「これは」は何というの?

 

アラビア語で「これは」というのは ハーザーといいます。

 

 

そして字で書くとこうなります。

 


 

 

字だけをみたら、 ハザーではありませんか?

 

 

 

 

 

はい、そうなんです、ハザーとかいてあるのですが、これはハーザーと読みます。

 

 

どんな言葉でもそうですが、最初に「音」があってそれを表記するために「文字」が発達しました。

 

なので時々文字のバランスなどの関係で「伸ばす音をあらわすアリフ」が省略されているのかもしれません。

 

 

なので、「これは」という男性名詞を指し示す言葉は ハザーと書いてあっても ハーザーと読みます。

 

ハーザーなのです。
 

 
(女性名詞を指し示す言葉は「ハージヒ」になります。)
 

でも、それでは、ハーザーという言葉をまだ知らない人には不便です。

 

そこで、アラビア語には発音記号というものがあります。

 

 

アラビア語入門などでは、発音記号を文字にくっつけることで、まだアラビア語の単語を覚えていない人でも発音が分かるようになっています。

 


 

 

 

ハーザーに発音記号をつけてみよう

 

 

ه を 「は」と読むために、発音記号を付けて見ようとすると。

 
**上のほうにでていた、「はー」の文字の形と、この ه の文字の形も違いますが、これはه が変化した形です。
確認はこちらでしてみてください。
 ↓↓

 

 

ファタハ と呼ばれる記号がついて「は」と読みます。

 

発音記号についての記事はこちらを参照にしてみてください。
 ↓
アラビア語を読むときの補助記号

 

ハーと伸ばすためには、ファタハだけではなく、「アリフ」もくっつけます。

 

 

文字にアリフをつけると、「あー」と伸ばす音になります。

 

ハーザーは文字を見ただけでは、音を伸ばすアリフがついていないのです。

 

でもいくつかの単語はのばす「アリフ」を使わないで音を伸ばす場合があります。

その一つがこの 「ハーザー」です。

 


 

アリフの文字を付けないで「あ~」と伸ばす方法

 

 

伸ばすAlifを使わないで、ハーザーという場合はこの記号を使います。

 

「短剣アリフ」といわれる アリフをミニチュア化したものを 「ه 」の上に使います。

 


 

 

 

短剣アリフについて

 

いつも思うのですが、アラビア語の文法用語というのは文学的というか詩的な表現が多いです。

 

日本の文法用語で例えば、「連体修飾語」というのがありますが、実用的な印象がつよいです。

 

今回のこの、アリフの文字をミニチュア化して文字の上に添える「短剣アリフ」。

 

物語に登場する不思議な力を持った剣の名前にでも使われていそうです。

 

「短剣アリフ」はアラビア語で何というでしょうか。

 

 

短剣アリフをアラビア語では 「短いアリフ」ともいったりします。

 

 

短い: قصير
 

 

短いアリフ: الف قصيرة
 

短剣というのは、خنجر  (khanjar ) といいます。

 

 

短剣アリフは   الف خنجرية

 

 

小さな疑問は発見の宝庫

 

「これは」というものを指し示す、基本中の基本の言葉を学んでいるときに、この小さな疑問がわいてきます。

 

小さなアリフをかけば「あ~」と伸ばすんだよと一言で言えば済んでしまう話です。

 

でも一回気になったことをいちいちしっかりと、知るということは実はアラビア語の興味がむくむくわいてくるポイントになったりするわけです。

 

短いアリフというところをわざわざ「短剣アリフ」といっているところに、アラビア語文法の不思議な感性というものを感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

 

 

アラビア語の文法用語を知ってると起こる良いこととは?

 

 

 

アラビア語の文法用語を知っておくと、近い将来自分でアラビア語の疑問がでたときに、アラビア語ー>日本語で調べることができるので便利です。

 

 

 

できるだけ アラビア語ー>日本語ー>アラビア語ー>日本語

 

 

とぐるぐると、いったりきたりできるようにしておくキーワードを知っておくのはいいですよね。