!DOCTYPE html> insert_pixel_code_here

カテゴリー:アラビア語の文化の記事一覧

アラビア語オンライン

別世界へのパスポート、アラビア語を始めたい人の初めの一歩

カテゴリー:アラビア語の文化
アラビア世界への扉をあける~モロッコの地図
アラビア世界への扉をあける~モロッコの地図

モロッコを知るための秘密はガイドブックには書いてないかもしれない。

 

 

アラビア語オンラインのアラビア語カフェでは、モロッコの方をお招きしております。

 

モロッコのことをいろいろと教えてもらおう!という内容です。

 

モロッコのことを知りたいと思ったとき、あなたならどうやってモロッコについて学びますか?

 

1.モロッコについて検索する
 

2.アマゾンや近くで一番大きい本やに行って楽しそうな本を選ぶ
 

3.モロッコにいったことのある人に聞いてみる

 

どれでしょうか?当てはまるものはありますか?

 

私の場合ですが、1.2.3.全部アンテナにひかかったことは全部やってみます、そのほかにモロッコの人に聞いてみるというのがあります。

 

なぜかといいますと、たまたまモロッコのお友だちがいるということと、旅に行くときに私が必ず少し身に着けておきたいことと関連しているからかもしれません。

 

本には書いてないことが聞けるから

 

モロッコの人に直接聞くと、ガイドブックには書いていない思わぬことを知ることができます。

 

モロッコの人というのは、見かけは一人の人なのですが、モロッコという土地に深くつながっているんだということをいつも感じます。

 

こちらの、ページからモロッコを知るための7つの秘密シリーズの配信を

 

行っています。

 ↓

モロッコの地図を見てみよう

 

そんな、モロッコですが、モロッコの地図をまず眺めてみたいと思います。

 

アラビア語カフェでお話をしてくださっている、女性の方はカサブランカ出身です。

 

ホワイトボードに話をしながらいろいろと書いてくださったのですが、まず地図を書いてもらいました。

 

かなり、北から南へ延びる細長い形をしているのが、モロッコの国土の形です。

 

そして、カサブランカは海沿いの町で、ここがカサブランカですと、印をつけるときにほとんど海のほうへ飛び出しそうなくらい海にギリギリのところに書いてくれました。

 

カサブランカという名前はよく聞くので、首都かなとおもうのですが、首都はラバトです。

 


 

* 赤い〇で囲ってあるほうが、ラバトです。
 

モロッコの町ラバトとカサブランカ

 

ラバトには政府の重要な施設がおおくあって、政治的な役割を果たす都市。

 

カサブランカは経済の役割を大きく果たす都市です。

 

カサブランカという町の名前を、キュキュキュと黒いマジックをつかってアラビア語で書いてもらったのですが。

 

アラビア語で、カサブランカという意味が翻訳されていました。

 

具体的にどういうことかといいますと、カサというのをまず、スペイン語でCASA カーサ 家といいます。

 

そして、家というのはアラビア語では ダール というのです。

 

そして、ブランカというのは、白という意味のスペイン語です。アラビア語で ベイド といいます。

 

なので、カサブランカをアラビア語でかくと、「アッダールルベイダーっ」となります。 最初についている「あ」とか「ある」というのは

 

定冠詞です。

 

モロッコの町ラバトの町の名前の由来

 

 

もう一つの政治的な施設が多く集まった都市のラバトはこれはそのままアラビア語の意味があります。

 

歴史的に、ラバトは1170年にスペイン半島の地域に侵攻するときの拠点としてつくられたという経緯があります。

 

スペイン半島を領土にできるようにという願いをこめて、『勝利を強くつかむ』といういう意味の都市名でしたが勝利という言葉は落ちて、『強くつかむ』という意味だけが現在の都市名である「ラバト」に残っています。

 

アラビア語で書くとこうなります。

*上のホワイトボードの地図の赤い囲みがアッラバトとかいてあります。
 

地図をみたら気になるところはチェックする

 

 

ふと、ラバトの隣にある都市名をみてみますと サラーとかいてあります。地図での地名はなにやらフランスっぽいサレーという名前です。

 

 

 

この川はブーレグレグという 楽し気な名前を持つ川を挟んで北側にあります。

 

ラバトとサレーは双子都市と呼ばれたりもするそうです。

 

サレーはラバトが政治的な建物が多い町にくらべて、普通に人が暮らしている場所なんだそうです。

 

観光地にフォーカスした一番うれているガイドブックには絶対にのらない都市です。

 

一番うれているガイドブックには、マラケシュ、フェズ、エッサウィラと砂漠の都市ぐらいが乗っています。

 

このサレーというのは、訪れてみたいなと思います。

 

ラバトと比べたら観光客はあまり行かない場所なのかもしれません、ラバトからブーレグレグの川をわたって、
サレーにいって、何日か静かに滞在してみたいなと思いました。

 

サレーとラバトの間にあるちょうど、ブーレグレグの川が海にそそぐところにある町もとても風情がある場所だそうです。

 

モロッコについて、いろいろ聞いてみたいというかたは、アラビア語カフェは開催中ですので、

こちらから登録してモロッコのお話を聞いてみてください。

 ↓

モロッコを知るための7つの秘密~ワクワク感が生み出される秘密
モロッコを知るための7つの秘密~ワクワク感が生み出される秘密

モロッコの雑貨やモロッコのファッションとってもかわいいですよね。

 

いつものお部屋に、モロッコの雑貨を配置するとそこから旅が始まるような。

 

そんなワクワク感まで醸し出してしまう、楽しいデザインのモロッコ雑貨です。

 

そんな楽し気なデザインを生み出すモロッコってどんなところなんでしょうか?

 

あなたはしっていますか?

 

モロッコのかご

 

 

ケニヤなどアフリカの国々では、ビニール袋を使うことが禁止されているそうです。

 

それで、日常的にモロッコかごにあるような、天然素材のかごを使うことが多いそうです。

 

日本もビニール袋のかわりに、天然素材のかごがはやって、ビニール袋を使わなくなったらいいなとおもいませんか?

 

モロッコのかごにはさまざまなデザインがありますが、これは丸くて、おもわず座ってしまいたくなる形をしています。

 

#beachplease #holidaybag #basket #morrocanbasket #cutenote #treatsaremyfavorite @shopmaison_m #mymaisonm

Kazzagramさん(@karencornwall)がシェアした投稿 –

 

 

 

モロッコのお洋服

 

はじめて、モロッコの方のおうちへうかがったとき、そこの女性の方がドレスをきて家事をしているのをみて驚きました。

 

モロッコをしるための7つの秘密ではその辺についてもいろいろと聞いていますので、よかったら聞いてみてください。

 

 ↓
『モロッコのをしるための7つの秘密』

 

 

 

 

モロッコのクスクスについて

 

 

モロッコのクスクスを作るときには、かなり熟練の腕が必要ということを聞きました。

 

でも、モロッコのクスクスをつくるときに一つだけ、絶対に気を付けることは?

 

といったらそのコツを教えてくれました。

 

 

 

#instagram #moroccanfood #coucous #2k18 #instalife #followme #instalove

Moroccan_celebritiesさん(@moroccan_touch2018)がシェアした投稿 –

はじめてモロッコ料理に挑戦するなら、クスクスはちょっと手ごわいかもしれません。

 

おすすめのお料理は?ときいたら『タジン』でした。

 

今度は『タジン』のおいしい作り方を聞いてみようと思います。

 

モロッコに興味がでてきましたか?

 

 

モロッコ出身の素敵な女性にお願いをして、

 

モロッコの秘密をいろいろと教えてもらってしまいました。

 

7月末までの公開なので、ぜひ聞いてみて下さい。

 

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]を タップして、コードリーダーでスキャンしてください。 友だち追加

    

 

アラビア文字の世界を楽しむ方法~簡単なフレーズから


 

 

アラビア文字がどのように書かれているのか見たことはありますか?

 

最初にアラビア文字を見た人はみなさん、戸惑うそうです。

 

この文字はどこから読んだらいいんだろう、、、

 

アラビア文字を学び始めた方の声

 

アラビア語をはじめて学び始めたときに、感じることなどを先日インタビューで伺うことができました。

 

アラビア語のメルマガ「はじめの一歩」の読者さんです。

 

音声を聞いてみてください。

 


 

第二話はLine@で絶賛 配信中です。

 

友だち追加

 

 

アラビア文字はまず一文字から

 

アラビア文字の楽しさというのは、まず一文字を書いてみることからはじまります。

 

実際に目の前にある小さな紙に、ペンで一文字かいてください。

 

例えば アラビア文字のバーですが、 ب です。

 

このように、今文字を画面にかいているのですが、漢字や平仮名のフォントにはさまれた、アラビア文字は本当に頼りなげです。

 

どちらかというと、文字というよりは 羽っぽいです。

 

フワフワっとして、一つだけあると空気にのって飛ばされてしまうようなぐらいの軽さを感じます。

 

このアラビア文字がパワフルになるときというのがあります。

 

形になって意味をなすとき、文字がものすごい存在感を放ちます。

 

存在感があるから重たいのかというのではなく、「リズム」やその先に描きたかった世界までを表現してしまうといった存在感です。

 

アラビア文字が刻まれているタージマハール

 

アラビア文字が刻まれている建物を見たことはありますか?

 

私は生まれて初めてみたアラビア文字が装飾に使われている建物は、タージマハールでした。

 

こんなにきれいな建物があるのかと思いました。

 

タージマハールに刻まれているアラビア文字が少し見られるものがありましたので、みてみてください。

 

 ↓


 

 

アラビア文字を書いてみる

 

アラビア文字は一文字だけかいても意味をなしません。

 

アラビア文字の隠された意味を学ぶ分野では一文字ずつに隠れた意味があるといいますが、普通の場合は一文字だけではあまり意味がありません。

 

でもどうやって文字と文字をつなげたらいいかわからないというのはあると思います。

 

アラビア語オンラインでは「すぐに使える旅フレーズ」で簡単な一言を配信しています。

 

 

 

その中には書き順もかいてありますので、みながら紙に書いてみてください。

 

編集後記

 

アラビア文字を楽しむ方法はアラビア装飾の施してある建物を訪れてどこに文字が書かれているのか見る。

 

実際に写本などを写真集をながめるようにして眺める。

 

実際に自分で手を動かして文字を書いてみる。

 

多分この実際に自分の手を動かして、こうかな?ああかな?と思いながら書くのが一番面白いです。

 

いろいろなカリグラフィーの本を見るのはとても楽しいですよ。

 

最近読んでみてよかったのはこの本です。アラビア文字のカリグラフィーの書体の中のスルス体について詳しくかかれていました。

 

リズムとアラビア語の世界へ~カヌーンの演奏
リズムとアラビア語の世界へ~カヌーンの演奏

アラビアの世界と一口にってもとても多種多様です。

 

今週のアラビア語メルマガ「はじめの一歩」では、アラビアの世界のリズムについて配信中です。

 

今回は、アラビア語世界のお琴~カヌーンに迫ってみます。

 

アラビア語世界のお琴カヌーンとは?

 

 

まずは、カヌーンのレッスン風景をみてみましょう。

 

 

 

まず、重さはそれほど重くなさそうなかんじですね。

 

膝の上に置かれている様子から見ても、それほど重たいようにもかんじられず。

 

形は、三角で体の幅よりも少し大きいです。

 

演奏方法は、両手を使ってします。

 

音色はかなり細かく震えるようなところに特徴があります。

 

カヌーンと日本のお琴

 

日本語とアラビア語が違うところや似たところがあるように、

 

楽器のカヌーンよ日本の楽器を聞いてみたらなにか発見があるでしょうか?

 

カヌーンに似た楽器としては、日本のお琴があります。

 

つまんではじいて演奏するところも同じです。

 

日本のお琴をきいてみてください。

 

お琴で「レットイットゴー」アナと雪の女王の曲です。


 

 

カヌーンとお琴を聞いてみて何か違いや共通点はかんじられたでしょうか?

 

お琴は、一回はじいたときの余韻が長くてもっと振動の幅が緩やかにかんじられます。

 

それに比べて、カヌーンは細かく細かくはじいていくので、余韻の幅が小さく感じられます。

 

カヌーンは歌を歌うときに、ぴったりと声によりそって伴奏されることがあります。

 

つぎに、カヌーンの伴奏のついたアラビア語の曲を聞いてみましょう。

 

歌姫とカヌーン

 

 

伝統的な曲ばかりでなく、現代のポップスにもふんだんにカヌーンを取り入れているのが

 

アラビア語世界の曲の特徴にあると思います。

 

カヌーンを使った、歌を一曲きいてみてください。

 

アラビア語の発音もゆっくりと、丁寧に発音されているので聞き取りやすい歌です。

 


 

 

アラビア語学習のバランス

 

 

リズムとアラビア語ということで、今回はアラブ音楽の楽器カヌーンに耳を傾けてみました。

 

アラビア語学習にはいつもバランスが必要です。

 

バランスには4つの要素があります。

 

 

人はだれしも自分のタイプにあった学習にのめりこみやすいものです。

 

そのときに少しだけ自分が取り入れたことのない部分について

 

学びをすることは、バランスを取り戻し、

 

自分の得意な学習に良い変化を生むことができると思います。

 

経験=独自性、枠のない自分から起こす行動

 

リズム=言葉にはならない、でもしっかりと身体と結びついたコミュニケーションに欠かせない要素

 

 

 

*アラビア語が分からなくても十分に楽しめますし、

逆に音楽などからアラビア語に興味を持つ場合も多いです。

 

文化背景=言葉と切っても切り離せない、事情、言葉の持つの記憶

 

ルール=文法、アラビア語はクルアーンを基礎に発展をつづけており

 

その基礎となるルールを学ぶことは学習をシンプルにしてくれます。

 

アラビア語学習のおともにぴったりの、アラビア語無料メルマガがあります。

よかったらお気軽にご登録ください。

 ↓

「はじめてのアラビア語」プレゼント付き