fbpx
投稿者:egypt-arabiago

アラビア文字が読めるようになってきたら、どんどんとアラビア語の単語を集めてみてください。

 

アラビア語の単語を覚える方法はいろいろありますが、記憶に残りやすい方法というのがあります。

 

「自分に関係のある言葉」から中心に単語を身ににつけていくと、案外と忘れにくいです。

 

例えばです、今自分のすぐそばにあるものを、アラビア語で表現するというところから始めてるととても簡単です。

 

日常に目にするものって、いつも目にはいってきますからそのたびに思い出して練習できたりもします。

 

身近なところから、何度でも、道具もあまりなしで、自然に繰り返せる。

 

ハードルをできるだけ下げたまま行動に移せるのがいいかなと思います。

 

今は「夏」ですので、夏にまつわるアラビア語の単語をご紹介します。

 

アラビア語で「蝉」

 

夏に日本ではとても身近な昆虫ですが、蝉を見るたびに「あれ?」っていつも思っていました。

 

エジプトには蝉は確かいなかったんです。

 

時間があると、目に見えるものをアラビア語でなんというんだけってという変換をするのが癖になっているのですが、

 

蝉はいつみても、「・・・」と何もでてこないんです。

 

アラビア語で何というんだと思ったところアラビア語であるんですね。

 


 

アラビア語で「むし刺されに効く薬」

 

エジプトでの暮らしでは、よくよくわからない「かゆみ」に悩まされていました。

 

そのたびに薬局で薬を処方してもらうのですが、どれもぼんやりとした効き目でした。

 

効かない、、、いつまでもかゆい。

 

日本の「虫刺されに効く薬」はほんとうに効くな~と思います。日本人の体に合うようにできているのでしょうか?

 

「ムヒ」「ウナ」は旅行のおともに必需品。

 


 

アラビア語で「サングラス」とそれにまつわる言葉

 

エジプトではサングラスかけたほうがいいです、本当に日差しが強烈。

 

日本でもやっぱりかけたほうが良いです、運転などで窓からの紫外線はほんとうにきつい、日焼け対策にもぜひ。

 


 

余談~エレベーターをまつ「蝉」

 

また蝉ですが、これはエレベーターに乗ろうとしたら蝉も一緒にいたんです。

 

蝉と一緒にエレベーターに乗ったことありますか、、、、大変です操縦のきかないミニカーみたいにぶち当たってきます。

 

たいして痛くはないけれども、音はするし正体不明の恐怖に身がすくむこと請け合いです。

 


 

アラビア語を学んでみたい方へ

 

アラビア語の単語いかがだったでしょうか?アラビア文字がこんな形、、、とそこで戸惑った方もいたかもしれませんね。

 

アラビア語はいい意味で刺激的です。そしてその面白さは底なし

 

アラビア語を楽しく学びたい人のためのメルマガはこちらから。

 

アラビア文字で名前が書けるようになる、プチアラビア語ビデオやらが届きます。

 

↓↓

アラビア語学習に最も大切なこと、それは何だと思いますか?

 

それは、「声」にアラビア語を出してみるということです。

 

なぜ、「声」にだしてみることが重要かということについて今日はお話しようと思います。

 

大人の良い習慣としての「独学」と盲点

 

アラビア語の学習をするときに、「独学」をしている方が非常に多いと感じます。

 

独学というのは、大人が何かを学習するときには自然に身に着けている良い習慣の一つです。

 

でも、学ぶ分野や学ぶ方の性格によって、この「独学」の持つ盲点に気が付けないことがあります。

 

アラビア語は「語学」ですので、「音」が非常に大切になってきます。

 

アラビア文字を学ぶ段階からそれはとても大切なことで頭の中で文字を見たときに「音」が再生できるかどうか。

 

ここが大切になってきます。

 

その逆に、アラビア語を聞いたときに、さっと対応する文字に置き換えることができるかということも大切です。

 

この「音」なのですが、アラビア語の学習の初期段階から「音」を意識しないでいると単語を読む段階で躓く原因を作ってしまいます。

 

アラビア語の単語を見ながら、なんと発音するのかすぐにでてくるかどうか、発音が正しいかどうか心配しなくてもいいぐらいになれているか。

 

この出した音が正しいかどうかが、ものすごく気になって、あまりアラビア語を声に出せません、という方本当に多いです。

 

たぶん単語は読めていると思いますが、いざ声に出していおうとすると、のどまできてなかなか出てきま線というk多も。

 

「音」は声を出すトレーニングで慣れるだけ。

 

私も大人になってからアラビア語を学習始めたので、この「音」の部分についてはとても苦労をしています。

 

その「音」の発音をできるだけ整えるために、とても役に立ったのがクルアーンを読むことでした。

 

クルアーンを読むときに求められる正しい発音の理解と、繰り返しの練習です。

 

今回はここでは触れませんが、日本という国にいて、アラビア語を発する機会は少ないので繰り返す習慣ができたのは今でもとても役だっています。

 

なので、まずどんな方法でアラビア語の「声」を出すことが楽しく取り組めるのかいろいろ見てみてくださいね。

 

アラビア語学習の盲点~「音」

 

独学で学習をするときに、「音」を意識する場合ヒアリングを積極的に取り入れるという方法があります。

 

聞き取れない音は話せないということが言われているほどなので、アラビア語の音を聞くヒアリングは大切です。

 

そして、もう一つ大切なのが「声に出す」ということです。

 

どんな言葉でも最初は「音」なので「声に出す」ことをしないとなかなか「会話」という段階に行けません。

 

なので、とてもシンプルなのですが、音を聞いたら声にだすも同時に意識してみてください。

 

アラビア語会話のためのアラビア語の音の選び方 3つ

 

ビギナー編

 

まずは身近なことを単語で言えるようにボキャブラリーを増やしながら。

 

初期の段階では、身近な単語がだいたいアラビア語で表現できるようになることが重要です。

 

たとえば、身近にあるアイテムなどから、アラビア語で何というか考えてみましょう。

 

サングラス 「ナッダーラ シャムセイヤ」

 

紫外線「アルアシャーア ファウカ バナブシギーヤ」

 

日焼け「ハラカ シャムス」

 


 

文字が読めるようになったら~歌詞などを考える

 

自分が好きな分野から選ぶ。
 

ベリーダンスを楽しんでいるアラビアニスタさんも多いようです。

 

*アラビアニスタとは、アラビア語やアラビアの文化を楽しむ人、それを伝える人、の意味です。

 

アラビア語を理解するためのセミナーでは時々、アラビア語の音楽歌詞解説などをしています。

 

その時に、「なるほど~そんな意味だったんですね」と今まで聞いていた音楽としてアラビア語が、立体的なイメージを持って迫ってくるという大きな変化が起きます。

 

ベリーダンス音楽どんなものがあるでしょうか。

 

ロックの要素を取り入れた、ベリーダンスにも使われるアラブポップス。

 

 

アラビア語会話を学びたい方

身近なことをアラビア語で何というか暮らしの中から

 

ブーギーワタムタム エジプトの子供番組かなり古いが、名場面が多くエジプト生活で即役立つ表現が満載。

 

この会話レベルがわかればエジプトアラビア語初級はクリアーできているという目安にもなる。

 

 

アラビア語を始めたい人のためのアラビア語メルマガ

アラビア語を始めた人のヒントになるアラビア語の話が届きます。

 

アラビア語オンラインのイベントのお知らせも。

 

プレゼント付きアラビア語メルマガはこちらら。

 

↓↓

アッサラームアライクム

今日は僕がはじめて知った言葉を皆さんと一緒に学びたいと思います。

 

 
 

ワアライクムッサラーム

あら、ラク君どんな言葉を今日は紹介してくれるのかしら。

 

ええとですね、今日は「ごめんなさい」という言葉を紹介しようと思っています。

 

ラク君は、「ごめんなさい」という言葉を今まではしらなかったということ?

 

はい、そうなんです。ぼくは物心ついた時から砂漠のオアシスで一人で暮らしていたものですから。

 

まだ知らない言葉がたくさんあるみたいなんです。いろいろとライラさんに人間の言葉を教えてもらっています。

 

 

なるほどね、人間界に何千年もいるから、かえって「ごめんなさい」について考えるのは新鮮だわ

 

エジプト・アラビア語で「ごめんなさい」の表現

 

エジプトアラビア語といっても、アラビア語なので短い挨拶フレーズのような言葉はそれほど違いがあるわけではありません。

 

気を付けるポイントは、他にあります。

 

女性が話すときの言葉の形と、男性が話すときの言葉の形です。

 

ここ!会話を学ぶときに、会話の本によっては「男性が話す言葉の形」しか書いてないときあります。

 

女性のアラビア語学習者の方注意してください。

 

 

短い言葉なので、「カタカナ」で表してもどこに違いがあるのかわかりやすいと思います。

 

それではまずはじめに、一番普通に使われる「ごめんなさい」の表現についてお伝えします。

 

男性が話すときは「アナー アーシフ」。

 

女性が話すときは「アナー アスファ」。

 

こちらにアラビア語の表記と、発音をアルファベットで書いてありますので見てみてください。

 

 

この「アーシフ」「アスファ」と同じ単語から派生している「ごめんなさい」があります。

 

男性が話すとき: 「ムタアッシフ」

 

女性が話すとき: 「ムタアッシファ」

 


 

エジプト・アラビア語で「ごめんなさい」の表現~「私が間違っていました。」

 

先ほどの表現がいちばん普通な感じで使う言葉としたら、今度の言葉は「間違ってました」のニュアンスが入ります。

 

こちらの表現も、女性が使うとき、男性が使うときに言葉の形が違うので気を付けてください。

 

この「ガルターン」という言葉ですが。

 

「غلطة」=間違い という単語から来ています。

 

「غَلِطَ」=間違えた

 

男性が話す場合:「 アナ ガルターン」

 

女性が話す場合:「 アナ ガルターナ」

 


 

エジプト・アラビア語で「ごめんなさい」の表現~「許してください」

 

「ごめんなさい」という言葉にも、いろいろな種類がありますね。

 

普通によくつかう「アーシフ」「アスファ」より謝る度合いが深いのがこの、「許してください」です。

 

自分がなにかそういった大変な状況を作る原因になってしまったりしたときは「許してください」という表現が必要になったりします。

 

そうならないのが一番いいんですけどね。

 

今回は、話しかける相手によって表現が変わるというパターンです。

 

許してくださいという時の、許してくれる相手が「男性」なのか「女性」なのかということで変わるということです。

 

話しかける相手が男性:「サーマハニー」

 

話しかける相手が女性:「サーマハティーニー」

 


 

この言葉「サーマハ」という言葉は動詞「サマハ」から派生しています。

 

سمح 寛大になる。

 

度量が大きい

 

間違いを起こしたことなどにたいして、あなたの心が寛大になりますように。

 

エジプト・アラビア語で「ごめんなさい」の表現~後悔の気持ちを含む

 

ごめんなさいの表現の表現さいごに。

 

あまりエジプトにいる時に使った覚えがないのですが、この言葉もよくつかわれます。

 

男性に対して謝るとき:「ハッアク アライヤ」

 

女性が話すとき:  「ハッイク アライヤ」

 

 

ハック という単語の意味は「真実」「権利」というのがあります。

 

この ハッアク というのは、「あなたの権利」という意味になります。

 

「あなたの」ということで、話している相手「あなた」が男性か女性で表現が変わります。

 

編集後記

 

エジプト・アラビア語の「ごめんなさい」という表現いくつかご紹介しましたが。

できればどんな場面で使うかというのもいつかご紹介したいですね。

 

そうね、フレーズはあくまでもその言葉の意味をしっかり知るときには短くて

覚えやすいけど。実際の場面や状況も一緒にあるともっと記憶にのこるわねきっと。

最近は羽橋さんがホッタイモ式@エジプトアラビア語会話レッスンやってるらしいし。

はい、僕はまだ「ごめんなさい」を使ったことがないので、こんどエジプト会話レッスン

で表現を学ぼうと思っています。

アラビア語を始めた時だからこそ楽しめるアラビア語学習というのがある。

 

それがホッタイモ式アラビア語。

 

「ホッタイモ」式とは?

 

英語の空耳で有名な言葉に「ホッタイモイジルナ」というのがあります。

 

これは幕末にジョン万次郎という方が記した英語会帳の中にある一言です。

 


 

 

これは、「今何時ですか?」という英語「What time is it now ? 」を空耳でとらえるたものです。

 

ホワット タイム イズ イット ナウ という英語の単語を日本語カタカナで読んだものよりも、
「ホッタイモイジルナ」という音の並びはより、ナチュラルな会話の音に近いというのです。

 

確かに、ホワット タイム イズイット ナウ という言葉を日本語で読んでも、
文字で書ききれない、アクセントを置く場所などを表現することは無理です。

 

ホッタイモイジルナ という言葉はちょうど言葉が繋がる部分や、アクセントを置くべき場所がうまくまとまっているという。

 

音声学の上からみてもなかなか理にかなった部分が多いともいわれているのはそのためです。

 

英語と空耳が意外とナチュラルな英語音を表現できるという話は少しここにおいておいてアラビア語の話に移りましょう。

 

 

アラビア語を始めたばかりだからできる楽しみ方

 

アラビア語の学習をはじめて間もない人がなかなか先に進めないということを聞きます。

 

原因の一つとしては、アラビア語の文字の事情によるというものがあります。

 

フリガナのように、初級のアラビア語教材にはかいてある、ハラカもしくは、タシュキールと呼ばれる母音記号なしで単語を読めるようになるには少し時間がかかるからです。

 

フリガナなし、母音の補助記号なしでアラビア語を読めないと、アラビア語の学習を進めることはできないのですか?

 

といわれると、おそらく学習の順番からいくとたくさんの読む練習や、母音の補助がなくてもある程度読めるようになるまでボキャブラリーを身に着けることはしたほうがよいといのはあると思います。

 

でもやっぱり、いろいろな表現知りたいという気持ちはありますよね。

 

特に今は文字が読めなくてもコミュニケーションをとる方法が本当にいろいろと発達しているので、まず話せるということを目指す方向性も大いにありだと思います。

 

耳でキャッチできた音は自分で話せるという良い循環が言語にはあります。「自分で話せる表現」を音の面から増やしていくのも学習のバランスとしては重要ではないでしょうか。

 

今できることから自然な順番で身に着けていくと、学習のストレスが限りなく取り除かれて楽しいです。

 

そこで、アラビアニスタでは空耳を楽しみながら「エジプトアラビア語」の会話練習ができるような場所をつくれたらいいなと思うようになりました。

 

そして、アラビア文字をまだ学んだことのない人でも、学べるように「ホッタイモ式」アラビア語を採用しています。

 

どんなレベルの人でもきっと、参加すればお持ち帰りになれるアラビア語の表現が見つかると思います。

復習を兼ねてというのでも面白いと思いますよ。

 

 

詳しいことはまたメルマガでお知らせなどをしています。

 

ホッタイモ式@アラビアニスタ アラビア語オンラインの会

ホッタイモ式@エジプトアラビア語会話レッスン

アラビア文字を始めたい方へ

アラビアニスタ、アラビア語オンラインではアラビア語を始めたばかりの人がゆっくり文字をみながらカタカナで発音を確認できる「アラビア文字練習帳」を発売中です。