fbpx
記事一覧

【アラビア語レッスン】アラビア語でカレンダーの1月から12月

そろそろまた新しい年に向けて準備をはじめる季節が近づいてきました。

 

どんな新しいカレンダーにしようか、どんなたらしい手帳を持とうか考えるの楽しいですよね。

 

きょうはそんなカレンダー、アラビア語でカレンダーの何月にあたる表現について学んでみましょう。

 

アラビア文化圏のカレンダーは二つ

 

 

アラビア文化圏では二つのカレンダーが使われています。

 

日常的に使われているカレンダーは西暦で、日本で使っているのと同じカレンダーです。

 

もう一つのカレンダーは純粋太陰暦といわれる、世界的にみても数少ない太陰暦の実際に使われているカレンダーです

 

まずはじめに、西暦のカレンダーの表現を学んでみましょう。

 

一月から12月までです。

 

アラビア語で一月から4月まで

 

 

 

アラビア語で5月から8月まで

 


 

 

アラビア語で9月から12月まで

 


 

 

アラビア語で太陰暦のカレンダー

 

もう一つのカレンダーはイスラムの祭日や行事などにつかわれる、純粋太陰暦のカレンダーです。

 

日本でも太陰暦のカレンダーがありましたが、月の周期というのは30日ぴったりの周期ではありません。

 

どうしても一年を365日で考えると、無理がでてきます。

 

日本の太陰暦カレンダーではうるう年などを挟んで調節をしていました。

 

それでは、アラビアの太陰暦のカレンダーはそのどうしてもずれてきてしまう部分をどうしていたのでしょうか?

 

アラビアの太陰暦カレンダーは西暦カレンダーに合わせる必要はないので、シンプルにそのまま月の周期に

合わせて作られています。うるう年などというものも存在しません。

 

季節は月の名前ではわからない

 

一月というと北半球にある日本では冬ですが、アラビアの太陰暦のカレンダーで最初の月は季節感のある一月とは違います。

 

カレンダーの初めの月が夏の年もあれば、秋の年もあります。33年周期でカレンダーがまた同じ季節にやってきます。

 

どっちかというと、月には季節よりもその月にする行事に重点が置かれています。

 

たとえば、「ズルカアダ」という名前の月はハッジに行く準備をするための月となっています。

 

「ズルカアダ」の次は「ズルヒッジャ」となっていてカレンダーの最後の月にあたり、聖地メッカへの巡礼の月を表しています。

 

次の機会には純粋太陰暦のカレンダーの月の名前について書いてみたいと思います。

 

それではまた

 

【アラビア語講座】~アラビア語がよめるようになりたい読書の秋

アラビア語を学びはじめたときに、取り組むとよいことがあります。

 

それは、文字と発音をしっかりと学ぶことです。

 

この、発音をしっかり学ぶことというのは、文字が何という音かということだけではありません。

 

 

音が口のどこから出ているのかというその場所をしっていること

 

音が口のなかから出る時に舌がどんな位置にあるのかその場所をしっていること。

 

これは、最短で発音を学ぶのに最適な方法です。

 

そして、暗記するためのものではなくて、意識をすることで動かせるようになること。

 

意識することで、動かしたことが体感として学びになります。

 

そして、一度動かして、体感すれば忘れてしまっても大丈夫です。

 

知識としての記憶から体感としての記憶にうつったものはなかなか忘れないからです。

 

発音の仕組を学ぶ方法

 

発音の仕組を学ぶほうほうは、正しい発音の声をききながら、

 

その音が出てくる場所をまず自分で理解します。

 

 

 

 

 

 

理解をしたうえで、正しい発音にちかづけるよう何度か声の出る場所を確認します。

 

まずは、これでOKです。

すぐには出ないかもしれませんが、それほど膨大に時間がかかるものでもないです。

 

発音の仕組を学んだあとは?

 

 

 

 

 

 

 

発音の仕組をまなんで、アラビア語の音が正しくでることがだいたいわかったら、

 

今度はアラビア語の音がスムーズに出るように何度も口からだします。

 

これは、楽器の練習と一緒ですね、リコーダーの場合を例にだしてみます。

 

楽譜をみながら、もしくは耳で覚えたメロディーをリコーダーで再生をしていきます。

 

そのときに、音程はあっているかもしれませんが、穴を抑える力がよわいとピーっと音がはみでるかもしれません。

 

しっかりと穴は押さえているのに、タンギング(舌で音をとめる)ことをしなかったらだらだらとしたメロディーになってしまったり。

 

楽譜がよめて、穴を抑える場所もマスターしたけれども、結局は息の力を調節するというちょっとした最後の仕上げがのこっています。

 

この練習をしましょうということです。

 

リコーダーをふいたのは小学生の頃かもしれませんが、ちゃんとリコーダーを真剣に練習したひとなら、今でも少し練習したらイエスタデーワンスモアぐらいすこし寂しげな雰囲気すらただよわせながらふけるようになるとおもいます。

 

アラビア語の発音にひつようなこと

 

楽譜や音符=文字

 

弾き方=文字ごとに声の出る場所を学ぶ

 

練習=声を出す練習

 

この3つを順番通りにすれば、だれでもアラビア語の音は出せるようになります。

 

日本人になじみの薄い喉文字

 

喉文字っていったいなんだろうとおもいますよね。

 

アラビア語で喉文字はこのようにいいます。

 

アラビア文字には喉の部分を3つの部分に分けて発音します。
それぞれ喉の一番上部。
喉の中央。
喉の深部。
この3箇所にそれぞれ2文字ずつ発音する文字があります。

 

日本語にもある音で、でもその音が出てくる場所が英語のHよりももっと深い文字があります。

 

それは、こちらの文字です。

 

 

ハート型をしているので、油断をしそうになりますが、この音は実はのどの一番奥からでていて、胸のあたりから「はー」と出します。

 

アラビア語の文字から発音まで体験してみませんか?

 

 

 

 

アラビア語オンラインでは、アラビア語を学んでみたい人むけに、アラビア語無料体験レッスンを実施しています。

 

アラビア語の発音を学ぶ3つのステップ
内容は:

 

1.アラビア文字を覚えるコツを伝授♪
 

2.アラビア文字の発音をなめらかにする秘密のエクササイズ

 

3.難しいと勘違いされているアラビア発音の正体を教えます。
 

 

体験レッスンの時間は一時間になります。

受講料は無料です。

 

(2回で26000円の「アラビア語発音と響講座」を初心者の方向けにアレンジしたものです。)

一回のレッスンででアラビア語学習の最初にあらわれてくる壁をガシガシと壊すことができます。

講師は、羽橋ゆきです。一緒にアラビア語の見えない壁を一緒に壊していきませんか?

 

 

参加者の方にはもれなく、「アラビア文字練習帳」(ただいま執筆中でできあがったところまでになりますが)

をPDFでまとめたものをプレゼントいたします。

 

アラビア語のレッスンに参加ご希望の方はこちらのメルマガにご登録の上お待ちください。

 

↓↓

改めてレッスンの開催予定をご連絡いたします。

アラビア語講座~アラビア語のオレンジ色は「ポルトガル」から

こんにちは、アラビア語オンラインの羽橋ゆきです。

 

今日のアラビア語講座はアラビア語の表現についてです。

 

言葉の意味というのは、すこし付け加えるだけで広がるときがあります。

 

例えば、日本語で「オレンジ色」を表す漢字に「橙」があります。「だいだい色」といいます。

 

「だいだい」という小ぶりのオレンジのような果物があるので、そこから来ています。

 

「木」編に「登」を組み合わせると 橙(だいだい)という漢字になります。

 

アラビア語の場合はオレンジ色はどう表現するのでしょうか?

 

「木」+「登」に似たような関係はどこかにでてくるのでしょうか?

 

 

アラビア語のオレンジ色という表現の由来

 

アラビア語のオレンジという色はまず、果物のオレンジをなんというのか考えると面白いです。

 

アラビア語で果物のオレンジは「ポルトガル」といいます。

 

おそらく、ポルトガルからよくオレンジが運ばれてきたのかもしれませんね。

 

こちらに、書いてある文字は「ブルトカール」と読みます。

 

カタカナからでも、なんとなく「ポルトガル」っぽくなくもないぞと想像できるのではないでしょうか?

 


 

 

アラビア語で果物のオレンジに一言

 

 

アラビア語で果物の「オレンジ」は「ポルトガル」からきているということはわかりました。

 

オレンジ色というのは果物の「オレンジ」にYAAという文字をつけるとできあがります。

 

このようにかきます。

 

↓↓

読み方は「ブルトカーリー」です。

 


 

 

アラビア語を心の友に

 

ここで、もう一歩アラビア語の学習についてお話を進めていきたいとおもいます。

 

日本に住んでいると、アラビア語に親しむ機会があまりないわという方は、おそらくまだコミュニケーションをとるところまでは行っていないだけだと思います。

 

アラビア語を日常の中に溶け込ませるのが、アラビア語を学ぶ上で非常に大切になります。

 

アラビア語を学習するぞ!と意気込むことなく、自然にできてしまうことを考えるのが一番楽しいアラビア語に親しむ方法です。

 

私の祖母は俳句を70歳になってからはじめたのですが、80をこえてから、2番目のひ孫をみにはるばる新幹線にのってあそびにきてくれた時、ひ孫が誕生した様子を俳句にするためにいろいろとメモを取っている姿がありました

 

メモを取りながら、ちょっと疲れて横になった祖母の横には手帳とペンが置かれていました。

 

そんな祖母の姿がヒントになっています。

 

スマホを使ってやってみます。スマホの使い方はこちらの記事に書いてみました。

 

 ↓↓

オレンジ色の風景からもう一歩

 

オレンジ色から一歩ふくらませて、風景に見えるアラビア語を一つどうぞ。

たそがれです。

 

 

朝日が昇る時間も、夕日となって沈む時間もどちらの時間帯も輝くオレンジの光は本当に印象的です。

 

一日の始まりを祝うかのようであり、一日の終わりをまた祝うそんな色合いの気配です。

 

 

アラビア語って読めるようになったら楽しいかも!

 

アラビア語ってなんだろうなっておもったときに、

 

手に取ってもらえるような、アラビア語の文字講座をメルマガで配信しています。

 

こちらからよかったらどうぞ、

 

 ↓↓

アラビア語講座~日本の心でつくる単語帳から「塔」

アラビア語講座~日本の心でつくる単語帳から「塔」

アラビア語講座~日本の心でアラビア語を考える単語帳

 

こんにちは、アラビア語オンラインの羽橋ゆきです。

 

アラビア語を学んでいて、時々こんなことはおもいませんか?

 

アラビア語を学んでいて楽しいけれど、なかなか学びながら、アラビア語を使う場所って少ない。

 

今日は、とても自然な形で、アラビア語にずんずんと親しんでいける方法をお伝えします。

 

使うものは何でもいいです。

 

でも、記録を付けるという意味でなにか、保存できる場所があるといいですね。

 

あとは、少し発表できる要素があると楽しくなると思います。

 

 

アラビア語を使う場所を自分で作る方法

 

 

まず、私のやっている方法は本当にたくさんあるのですが、今日は一つだけご紹介します。

 

もし、ほかの方法もしりたい!という方はぜひアラビア語メルマガの読者さんになってください。

 

そうすると、いろいろなアラビア語の魅力がわかるようになります。

 

 ↓↓

アラビア語単語帳をつくるときに準備するもの

 

スマホ
文字を入れるソフト
お気に入りの風景

自分だけのアラビア語単語帳を作る

 

私には、いつもすごくいろいろな表情を見せてくれる素敵な景色が身近にいくつかあります。

 

その一つは、冬には山にうっすらと白い雪が積もる姿がみえたり。

 

夕方には二度と同じ色はでないだろうなとおもう、金色やピンク色にまじった夕方の空。

 

そして、いつも変わらない場所にあるはずなのに、もしかしたら少しうごいてるんじゃない?と思う

3本のタワー。

 

その三本のタワーにものすごい近いところで、星が光っていたら、夜がはじまる最後の一瞬がみえたり。

 

そんな場所が一つあります。

 

今日も一枚すごい楽しそうに流れている雲ともしかしたらこっそり動いている3本のタワーが一緒に写っている写真をご紹介しましょう。

 

普通にスマホにパシャととったものです。

 

この投稿をInstagramで見る

#السماء#الازر

Arabiago-tangoさん(@arabiagotango)がシェアした投稿 –

 

アラビア語の単語帳をつくる~単語を調べる

 

先ほどとった写真をみて、アラビア語でだだだっと説明をしようとしてみてください。

 

もしくは、とった写真の中でキーワードになるようなものの名前や、それを表現する言葉をアラビア語で

考えます。

 

今回は単純に単語を一つ選びました。「タワー」です。「塔」

 

私はこの写真の中でかなり気に入っているのは、3つのタワーなんです。

 

(よく見ると4つぐらい写ってますけど、3つにしておいてください。)

 

なので、「塔」という単語にしました。

 

塔という単語を、アラビア語の辞書で調べます、そして、アラビア文字で単語をうって、次に日本語でかきます。

 

それでおわりです、ほかの言葉で意味を追加したいときはしても楽しいと思います。

 

アラビア語で、「塔」はこのようにいいます。

 

↓↓

日本の心とアラビア語

 

こうやって、日々変わる風景と季節とからめて、心に浮かんだアラビア語を書き留めておくのは、かなり日本人にあっているのではないかと思います。

 

俳句、、まではいきませんが、季節の移り変わりとそこで印象的だったことをアラビア語でひとつづつ名前を知っていくことは自然にアラビア語を使い、アラビア語の語彙が記憶と結びあっていくのではと思います。