記事一覧

アラビア文字の二番目の音はしっかりとくっつけるのがポイント

アラビア文字の二番目の音はしっかりとくっつけるのがポイント

 

アラビア文字と音を学ぶシリーズです。

 

アラビア文字を始めて学ぶときに心にとめておくとよいポイントはこちらにまとめました。

 

 ↓↓

 

 

アラビア文字が全部で何個あるのか、もうわかりましたか?28個です。

 

それでは今日は、アラビア文字を一つずつ見ていこうと思います。

 

今日の文字はアラビア語のアルファベットのアブジャディーヤの二番の文字になります。

 

アラビア文字のب はくっつけるのがポイントです。

 

 

アラビア語の二番目の文字「バー」は日本語のなかにもありそうですが、ちょっと違います。

 

まず日本語の「ば」ですが、ちょっといってみてください。「ば」「ば」

 

どうでしょうか、静かな感じの「ば」ではないでしょうか?

 

 

アラビア文字の「バー」は唇の上としたを、しっかりとしめてから「バー」といいます。

 

 

なので、どちらかというと日本語の音で近いおとを探すと「パ」になります。

 

 

息をしっかりとくちから「ぱっと」出す容量で「ば」といいます。

 

 

ポイント

アラビア文字の「バー」を発音する時のポイントは唇をしっかりと閉じてから、ぱっと息を出すのがポイントになります。

アラビア文字の秘密~文字には意味がある

 

アラビア文字には秘密があります、それは一つ一つの音に意味があるのです。

 

アラビア語の「バー」にはいったいどんな意味があると思いますか?

1.場所のようななにかとどまるという意味がある

2.ばーっと飛び散るようなそんな意味がある

 

3.くっつくというような意味がある。

 

正解は3のくっつくというような意味があるのです。

 

 

たとえば、ナイフで とか ナイフを用いて という場合はナイフという言葉に+「ب」をくっつけて表現します。

 

 

日本語でも同じような意味があるといったら驚きますか?

 

 

たとえば、備品の「B」はどうでしょうか、そなえておくための品、なにかくっつくというイメージが

あるのではないでしょうか?

 

それでは、しっぽという意味の「尾」「B}はどうでしょうか?しっぽも体にくっついていますよね。

 

鼻も、びとよむときありますよね、顔にくっついています。

 

ちょっと、無理やりじゃないですか?と思われる方もいるかもしれませんね。

 

でも何個も見つけようとおもうと本当にたくさんの共通点を見つけることができますよ。

 

アラビア文字には一つ一つの文字に性格や意味がしっかりとありますので、

 

そこも一緒に覚えると新しい単語に出会ったときにイメージがつかみやすいのではないでしょうか?

 

アラビア語のバーの音を使った単語

 

こちらに、アラビア語のバーの音を使ったビデオがあります。

 

あなたも、バーを使った単語を見つけてみてくださいね。

 


 

 

こちらのアラビア語チャンネルがおすすめ。

 

つくりたてののアラビア語動画がすぐにチェックできます。

 

 ↓↓
 




 

それではまた

おしらせ

 

アラビア語オンラインでは、

 

アラビア語の話題を配信しているメルマガがあります。

 

記事には書かないようなこともかいてあったりします。

 

読んでいるうちに別世界へのパスポートを手にしている、、そんなないようです。

プレゼントにAmazonで販売中の書籍のPDFをプレゼント中です。

 

是非登録してね

 

 ↓↓

アラビア文字の魅力とは?~アラビア文字は使いながら覚えてみて

アラビア文字の魅力とは?~アラビア文字は使いながら覚えてみて

 

アラビア文字ってどこから読んだらいいかわからないとよく言われます。

 

まず、アラビア文字は右から左へ書く文字だと覚えましょう。

 

 

日本語も縦書きのときは、上から下へかきますが、右から左へ読みます。

 

ポイント

アラビア語に関する新しいことは、少しでも日本語との共通点を見つけると、覚えやすくなりますよ。

 

 

 

 

文字というのは文化理解の入り口

 

 

アラビア文字に限らず、文字というのはその言葉が使われる国の文化と歴史とかかわりがあります。

 

言葉によっては、国の政策によりもともとあった独自の文字を廃止して、ローマ字化されたところもあります。

 

文字は歴史と文化だけでなく、実用性という面でも磨かれてきたものなのです。

 

アラビア文字が使われている地域はかなり広大です。アラビア語だけでなく、ほかの言語でもアラビア文字が採用されています。

 

ウルドーゥ語やパンジャーブ語、ペルシャ語でもアラビア文字が使われています。

 

そういう意味では、長い間使われるに堪える、実用性の高い言葉なのだといえると思います。

 

 

 

アラビア文字は省スペース、速記型でミニマリズム

 

 

文字を手書きしてみるとわかるのですが、とても早く書けます。

 

日本語と比べたら、その書けるスピードというのはかなり速いのではないかなと思わずにはいられません。

 

アラビア文字は文字を書くスペースもそれほど幅をとりません。

 

日本語のフォントを24でかいて、同じようにアラビア語のフォントのおおきさを24にして書くと、ちっさくなりすぎて読みにくいです。

 

 

日本語は見て意味がわかる文字タイプで、アラビア語は読んで意味の分かる文字タイプなので、形がそれほどはっきりしていないデザインになっているんですね。

 

アラビア語の文法の教材でも文字になれるまでは、できるだけ拡大して見えるようにしてあります。

 

 

文字数も28文字と2つの記号という数しかありません。

 

 

長年、磨き続けられてきて今の姿になっている文字というのは、人類の文化遺産といっても過言ではないですか。

 

そして誰でも使えるように改良されてきたすばらしいデザインなのだということがわかります。

 

文字の形の美しさを感じるには実際に手で書いてみたり、文字をつかった芸術に触れることもおすすめです。

 

 ポイント
文字は今も変化を続けている歴史的、文化的、人類の遺産です。

磨き続けられてきたものだけが持つ、美しさを持っています。

 

 

 

人々を魅了するアラビア文字の芸術

 

 

アラビア文字にはさまざまな書体があって、アラビア書道が発達しています。

 

一般的に2つの書体がよく使われます。

 

一つ目が印刷の時に使われる、ナスヒー体。

 

 

 

ナスヒー体でかかれたアラビア文字28文字をみてみてください。

 

くっきりはっきりして見やすいですよね。

 

それから手書き文字のときにつかわれる、ルクア体です。

 

手書きのルクア体がみられる記事はこちらです。

 

↓↓

ルクア体はとても早くかけて便利なのですが、アラビア語のネイティブでも、小さい子供は読めないそうです。

 

 

中学生ぐらいから、先生が板書するのをみて少しずつ書けるようになるのだとか。

 

日本の草書体のようですね、あまり達筆でかかれた字はよめない、、、時もあります。

 

草書体をならった人は草書体が読める、そういう感覚なのかもしれません。

 

                 ポイント

通常インターネットや出版物などに書かれているアラビア語の書体はナスヒー体

手書きのノートや、黒板、手書きなどでは草書体のような、流れるような書体の、ルクア体が使われている。

 

 

アラビア文字の芸術を堪能したいなら

 

 

 

アラビア書道の日本での最高峰といったらこの方ではないでしょうか?

 

本田孝一先生です。

 

大英博物館にもその作品が収められているそうです。

 

本当に美しいです。

アラビア文字を簡単につかってみよう

 

アラビア語を学ぶ醍醐味に、アラビア語の情報がそのままアラビア語でわかるようになるということですね。

 

まだまだ道のりは遠い、、などとは思わずにまず簡単にできる設定をしてみましょう。

 

アラビア文字をまなんだら、どんどんとアラビア文字をキーボードで打てるようにしていきましょう。

 

パソコンで打つ前に、スマホでは簡単に言語キーボードの追加ができます。

アラビア文字がまだかけなくても、まずスマホでキーボードの設定をしてみるといいですね。

 
 

インスタグラムで気になるアラビアで投稿している人に、コメントしてみましょう。他の方の使っているアラビア語のコメントも参考になります。

 

すぐに使う!これがすごく楽しくて、勉強っていうか、もう使っていくことが

経験となって身についていきます。

アラビア語の音には日本語の言霊とつながるところがある?

日本の言霊を感じながらつくるアラビア語単語帳とは?

 

 

最近、アラビア語圏の人とお話をする機会がありました、そしたら「私の弟が日本語を学んでいるので、教えてもらうことはできませんか?」

 

そんなことを聞かれました。

 

実は、私は高校生のときになりたかった職業というのがります、それは、、、「日本語教師」でした。

 

そのときに、身近に「日本語教師」の方がいなかったので高校の図書室で「なるにわBOOKS」という様々な職業について紹介のある本を手にとりました。

 

日本語に対して情熱をもって取り組めるかどうか?

 

そこには、「日本語教師」になって食べていくのはとても苦しい、ということが書いてありました。

 

「日本語教師」ってどんな職業何だろうと思って、これから!というときに厳しい現実について書かれていたこの本。

 

今おもえば、それは一種の通過儀礼のようなものだったのかもしれないです、この一文を読んでも情熱をもって日本語の先生をやる覚悟はありますか?

 

結局、生活するのに困るような職業っていったいどんな職業なんだろうという疑問をだきながら、いったんその本を本棚に戻しました。

 

日本人として問われる日本文化への理解

 

 

それから2年後のことです、私はエジプトに住んでアラビア語を学んでいました。

 

そして、そこでは日本語を教えるということをすることになりました。

 

日本語を学びたいという人を助けることで、思ってもみない縁が広がる体験もしました。

 

 

それと同時に、日本人とはいっても日本語は日本人としてはネイティブスピーカーであるという以外、何も知らないし、日本文化についてもほとんどなにも知りませんでした。

 

 

当時、日本語を教えていたスザーンという女の子に「俳句」について聞かれたのですが、「松尾芭蕉」という俳句のなかで一番有名な人と、一番有名な句だけを伝えることができました。

 

それからも何度も日本語を教えるという経験はしてきましたが、日本の文化について理解を深めるというところまではいきませんでした。

 

そして、気が付いたら「アラビア語の魅力を伝えたい」という気持ちのままに、アラビア語コミュニケーターズという講座を作るに至っていました。

 

 

 

 

アラビア語でコミュニケーションは最短1か月でできるようになるその方法は?

 

 

 

アラビア語の道というのは究めるにはやはりそれなりの時間がかかるというのが本当のところです、でも最初の一歩としてアラビア文字が読んでかけるようになる。

 

それには最短で一か月から3か月あれば誰でもできるようになります。

 

自分を表現するときに必要な語彙と表現ができるようになれば、ほんとうにすぐにでもアラビアの人とコミュニケーションをとることができます。

 

 

 

講座の中では、アラビア語を学んだあとで使う場所がない、、、と困ることがないように、どうやってアラビア語を使ってコミュニケーションすればいいのかその方法までをお伝えしています。

 

 

 

すでに第一期の方が受講をしているのですが、その中で思ったのはやはり自分からずんずんとアラビア語をつかみ取っていくことは必要だなということです。

 

 

 

まさに、自分の中から湧いてくる興味にそって、そのままアラビア語をつかみどりする形です。意気がいいですよね。

 

 

そのときに、ある単語帳の作り方というのがあるのですが、その単語帳は自分もとても身につくし、ほかの方にとっても役に立つ単語帳になるんです。

 

 

いろいろとポイントはあるのですが、その一つに「言霊」ということがあります。具体的な手順も回り道をせずにできるようにできるように、今作成中です。

ちかじかお披露目できるとおもいます。

 

 

お知らせ

 

 

アラビア語が気になるけど、どうやってはじめようかな~と思っている方には、

 

 

アラビア語の初めの一歩がおすすめです。アラビア語メルマガ

 

 

↓↓



 

2019年春のアラビア語講座~アラビア語ってマイナーじゃなかったんですか?

あなたのアラビア語を学ぼうと思ったきっかけはなんでしたか?

 

私の場合は、高校生の時の親友が「エジプトにいつかいってピラミッドをみたい」といっていたのがきっかけでした。

 

たぶんアラビア語をはじめたきっかけは、一つだけではないでしょう。

 

いろいろなことが絡み合って、アラビア語を学んでみようと思うに至ったのではないでしょうか?

 

今日は、アラビア語を学ぼうと思ったきっかけについてインタビューからです。

 

アラビア語話者は世界に何人?
アラビア語を母語とする人の数は、世界的に見て第5番目にあたります。

 

2005年の統計では2億3000万人がアラビア語を母語としていました。

 

日本語は、およそ1億3200万人ほど(2005年の統計)ですが、ほぼ日本の人口が日本語を母語とする数になりますね。

 

アラビア語の場合はアラビア語を話す国がものすごく広範囲に渡ります。

 

西は北アフリカのモロッコから東はアラビア半島全域にまでアラビア語の国は広がります。

 

アラビア語の名前と日本語での国名がだいぶ違う件

 

アラビア諸国の名前は日本語で言われている名前と、アラビア語でいう本当の名前がかなり違うことがあります。

 

例えば、エジプト。

 

エジプトはアラビア語では「ミスル」といいます。

 

モロッコは?「マグリブ」といいます。

 

ね、全然ちがいますよね。

 

アラビア語の初級文法講座では、国名などもしっかりとアラビア語で書けるようになります。

 

もう一歩進んでみますと、アラビアの国々には正式名称というのがあります。エジプトの場合を例にとります。
通称は「ミスル」ですが、正式名称は「アルジュムホリーエット ミスルルアラベイヤ」となります。

 

日本人はあまりアラビア諸国に関心がない?

 

 

日本に技術者として来日しているアラビア語話者との体験などをもとに、もっと日本人もアラブ諸国に関してもっとしってみるのはいいんじゃないかなと思いました。

 

日本のアニメをきっかけに、日本語を学習する人が本当に海外には多いです。

 

 

 

 

 

おススメ

 

 

アラビア語をはじめたいなと思った方へ、

 

アラビア語は市販で売っている文法書などを

 

自分で終わらせようと思うと、かなり苦労します。

 

 

 

その後のアラビア語学習が自分でも進めていけるような

 

アラビア語が初めての今、必要なだけのアラビア語を

 

ぎゅっと詰め込んだ、短期集中型の

 

アラビア語基礎力を付ける講座があります。

 

 

講座の案内はメルマガの読者さんがいつも先行と

 

特別キャンペーンをうけられます。

 

お得なメルマガでアラビア語も学べるのでお勧めです。

↓↓
 

↓↓