fbpx

2023年の終わりに、アラビア語はいろんなことと繋がっている

サラーム

アラビアニスタのライラです。

今年もそろそろ終わりですね。

いつもアラビアニスタの記事や活動を見てくださってありがとうございます。

世界の情勢は大変な状況が続いています、力があったらどれだけでも相手を

打ちのめしていいことにはならない、と思いながら少しでもよい状況に向かうようにいつも

思いながらニュースを聞きます、テレビではないです。

 

 

これだけダイレクトに実情が伝わってくると、日によってはとても気持ちが沈んでしまうこともあります。

(体元気だしあなたが危険なところにいるわけでもないし、なにしてるわけでもないのに!って突っ込みながら、、)

 

自分がそういう場にいるわけではないのだけれど、痛みのある場所があるのだと知ると、

そっちに気持ちが寄ってしまいませんか?普通に生きている分にはどうしても自分が強い側にいるとは

思えなくて、弱い側だからやられるとか、やられる方が悪いとかそういうのは違うと思いながら。

 

小さい声でも発しなければ違うという気持ちを表すことはできないし、、、

でも相手がとても強くて強力な後ろ盾があって組織で、どう考えても自分の身をまもる方法がひっそりと

生きることしかなかったらそうするかもしれません。

怖いですよね、組織VS個人なんて、名探偵コナン君だって組織から身を潜めているじゃないですか。

幸い私は日本で生きていて今はたまたま普通に生活がおくれているだけ、少しだけ現場が遠くあるだけなのだと思います。

 

アラビア語やアラビア文化というのは世界的にも多くの地域とつながりをもっています。

 

アラビア語だけではないですよ、文化や言葉や人とのつながりは線できりとったり、壁で防いだりできるものじゃないのにということを

ちっさな声ではありますが、これからも発信していこうと思いました。ちっさな声でも、一回いったら一回になるし。

 

そしてちっさな声の活動かもしれませんがバタフライエフェクトで、アラビア語やアラビア文化を少しでも知る人が

増えて、繋がりを感じてもらえるように活動をつづけようと思ったのでした。

 

本年も残り少ないですが、健康に気を付けてお過ごしください。

無事に2024年も世界がありますように。アーミーン

アラビアニスタ

関連記事

  1. ひよこ豆日記~アラビアンな料理でよく使われる素材を作ってみたい(買った…

  2. Pen Books「イスラムとは何か?」~マリ共和国のモスク

  3. 古代エジプトの神殿がある町のエジプトの暮らしをちょっとぶらり

  4. エジプトの古代人は2023をどう書いていたのでしょう?漢字と似ている雰…