アラビア語の色からみる世界観~赤と青

色というのは、どこの地域にもある言葉です。

 

でも、その色をどう捉えているかというのは、文化によってかなり違ってくることもあります。

 

どんな違いがあるか、どんな共通点があるか。

 

アラビア語の赤と青を今日は取り上げてみました。

 

アラビア語の赤ってなんていうの?

 

アラビア語で赤は 「アハマル」といいます。

 

どうしても文章ですと、わかりやすくするためにカタカナでかきます。

 

ここがもどかしいところなのですが、例えばこの「アハマル」の ハ はアラビア語の特徴的な音です。

 

 

 

さて、話は戻りますが、「アハマル」をアラビア語で書いてみましょう。

 

 

赤色はどこにある?

 

 

これは、アラビアンナイトのアラビア語版からの引用です。

 

先ほどでてきました、赤色が↓の文章の中のどこにあるか、形を見つけてください。

 


 


「その魚はいろとりどりで、白、赤、青、黄、それに漁師は驚きました、そして網を置きました。」

 

 

海の中からこんなにカラフルなお魚たちが網にひっかかるのは、暖かい海にいる熱帯魚たちなのかもしれません。

 


 

つぎに青色についてです。

 

アラビア語で青色はなんというの?

 

色という言葉は:アルワーン 、ラウヌ、ローン とかいったりします。

アラビア語で青色は 「アズラク」

 

ポイントは最後の  この音です。

 

ق

このおとは、はっきりと 

 

ق

発音されないことが多いです。

というのも、喉の奥のほうで、口をあけたまま、スクーン(子音)のみになるので、どうしても音が消えやすいんですね。

 

なので、日本語で苦しいながらも、実際の発音にちかづけようとするとアズラっ になると思います。

 

先ほどは赤色を見つける、というミッションでしたので、今度はアラビア語の音を一個だけ拾ってみようです。

 

アラビア語のファッショントーク

 

おそらく、この方はファッションリーダー的な存在の方だとおもわれます。

 

そして、「青」の色を装うことについて語っています。

 

今回のポイントは「アズラク」という言葉に耳を澄ますというところです。

 

それではどうぞ。