fbpx

アリフライラ書店のつぶやき~電子書籍にしようか紙の本にしようか2024年

サラーム

アラビアニスタのライラです。

2024年のアリフライラ書店の初仕事は新しく書籍の印刷の注文をすることから始まりました。

Amazonの電子書籍で販売する路線でいこうか、紙の本の形でいこうか考えていました。

どちらがいいか検討を重ねて、2024年は紙の本での販売をしていこうという方向に決まりました。

本を売る形というのは本当に様々ありますね。

本のタイプにもよると思いますし、著者の方のタイプにもよると思います。

今回の著者の方は日本の秋田の特産品を取り扱ったりというところから、

そのお味を体験できる方法で書籍も販売していく形になりました。

たまに本屋さんをのぞきに行くことがあるのですが、女性誌などは本誌よりも大きな箱があって

その中に鞄とか入っているのをみたことがあります。

飛び出す絵本ではなくって、その箱の中に入ってる鞄を取り出して、買った雑誌を入れていくのにちょうどいのかもしれないとかいろいろ思ったことがあります。

そういうのも「本」として本屋さんにあるので、本の種類っていうのは本当に豊富だわと思いました。

この秋田の名産品の「雪の下ごぼう茶」なのですが、コーヒーを飲みすぎる人の場合は

このごぼう茶を飲むことでコーヒーの飲む料を減らしたりすることもできますし。

夜にもう少しだけ、あとちょっとだけやっておきたいことがあってそのおともにコーヒーは飲んだらたぶん寝れなくなる、というときに登場するとよい健康茶です。

なによりもデトックス効果やマイナス20歳の若返るといわれているぐらいの

健康茶なのです。

書籍の中にもごぼう茶の飲み方や、ごぼう茶のできる方法などが

日本語とアラビア語で解説があります。

とてもよいですよ!と言われても味わってみないとわからないですよね。

そこで著者の方がどのような活動をしているのかということを

エッセイの形で読んで知りながら、ごぼう茶の魅力がもっと伝わるようにという

限定版の新発売となりました。

また詳しい販売の日や販売場所などはお知らせします。

興味があるので予約をしたいという方はアリフライラ書店へお問合せでも受け付けております。

すぐに品薄になってしまうそうなので気になる人はどうぞ。

お問合せ

関連記事

  1. Pen Books「イスラムとは何か?」~マリ共和国のモスク

  2. イチゴを育ててみよう~「家庭でできるおいしいイチゴづくり12か月」

  3. 【はじめてのパン作り】酵母エキスができたので酵母をつくる(発酵種1日目…

  4. アラビアの国ファイル①~「Bahrain」二つの海という意味がある国

  5. 古代エジプトうんちく図鑑~アリフライラ書店オススメ

  6. マルチリンガルを目指すならどの言語を学びますか?

  7. マルチリンガルになるための語学学習法~アラビア語の学習の進め方『トリセ…

  8. 本の持つ不思議な力とは?何か新しいことを始めてみたいことがある人が読む…