アラビア語オンライン~アラビア語教室

アラビア語オンライン~アラビア語教室

アラビア語を始めたい女性のためのアラビア語教室LaLa

記事一覧

アラビア語の大切な表現「あいさつ」~アッサラームアライクム

アラビア語の大切な表現「あいさつ」~アッサラームアライクム

どの国の言葉でもそうですが、大切な表現というのは「あいさつ」です。

 

どうして「あいさつ」があるかなと思う時があります。

 

「あいさつ」というのはいろいろなショックを和らげるクッションのような存在なのではないでしょうか。

 

あいさつをしないで突然話はじめると、それはなにか心構えができないというか。

 

少し雑な関係がはじまるような気がします。

 

なので「あいさつ」はもしかしたら省いてもいいのでは?

 

と思う時でもあえてちゃんということでよい関係がうまれます。

 

今日はアラビア語で「アッサラームアライクム」という

 

表現を学んでいきたいと思います。

 


 

アラビア語のあいさつアッサラームアライクム

 

アッサラームアライクムを日本語で直訳しますと、「あなた方に平安がありますように」

 

クム というのは、アラビア語で「あなた方」という複数形になります。

 

挨拶を交わすときは、たいていの場合一対一なので、ほんとうならば 「あなたがた」ではなくて、「あなた」となるのではないでしょうか?

 

どうして「あなた方」に挨拶をしているの?

 

アラビア語では話しかける相手によって、使われる言葉の形がかわるという特徴があります。

 

なのに、「アッサラームアライクム」の挨拶のときだけは相手が女性であっても、男性であっても同じ表現がつかわれます。

 

どうして、「あなた方」というのか興味深い考えかたがありますので紹介します。

 

アラビアの世界では、私たちの右の肩と左の肩には記録係として一人ずつ天使がついていると考えられています。

 

なので、私たちは一人なのですが、いつも忙しく私たちの行いを書き留めている天使がいるのです。

 

全部で3人(天使は 〇人とは数えないかもしれませんが、便宜的に数えておきます)。

 

なのであいさつをするときにも、複数形になるのです。

 


 

記録係の天使について

 

記録係の天使については アルクルアーンのカーフ章17に見ることができます。

 

また 80章の11には、記録を担当する天使のことを「高貴な記録者たち」と表現しているところもあります。

 

朝の挨拶

 

アッサラームアライクムのほかにも、朝のあいさつには「おはよう」があります。

 

アッサラームアライクムはどちらかというと、丁寧なフォーマルな香のする挨拶です。

 

朝に人と出会ったときも、アッサラームアライクムといっても差し支えはないのですが、

 

「おはよう」というニュアンスは含まれていません。

 

なので、「朝」を意識したカジュアルな、一般的な挨拶には「サバーハルヘール」を使ってみてください。

 

 

 

 

アラビア語オンラインでは、

 

すぐに使える簡単なアラビア語フレーズを配信しています。

 

Youtubeチャンネルに登録をすると、新しいアラビア語のビデオができたときにすぐにわかります。

 

 ↓↓
 

 

夜のあいさつ

 

ついでによるの挨拶も覚えてしまいましょう。

 

夜のあいさつは、マサーアルヘールです。

 

朝のあいさつと共通なのは、返事をするときには、「ヌール」を使うというところです。

 

 

もっとこんなアラビア語の表現についてしりたいという気持ちがわいてきた方は

 

こちらのフォームから質問を送ってみてください。

 

今後のアラビア語の配信に生かしていきます。

 
 ↓
感想や質問があります。

それではまた

アラビア世界への扉をあける~モロッコの地図

アラビア世界への扉をあける~モロッコの地図

モロッコを知るための秘密はガイドブックには書いてないかもしれない。

 

 

アラビア語オンラインのアラビア語カフェでは、モロッコの方をお招きしております。

 

モロッコのことをいろいろと教えてもらおう!という内容です。

 

モロッコのことを知りたいと思ったとき、あなたならどうやってモロッコについて学びますか?

 

1.モロッコについて検索する
 

2.アマゾンや近くで一番大きい本やに行って楽しそうな本を選ぶ
 

3.モロッコにいったことのある人に聞いてみる

 

どれでしょうか?当てはまるものはありますか?

 

私の場合ですが、1.2.3.全部アンテナにひかかったことは全部やってみます、そのほかにモロッコの人に聞いてみるというのがあります。

 

なぜかといいますと、たまたまモロッコのお友だちがいるということと、旅に行くときに私が必ず少し身に着けておきたいことと関連しているからかもしれません。

 

本には書いてないことが聞けるから

 

モロッコの人に直接聞くと、ガイドブックには書いていない思わぬことを知ることができます。

 

モロッコの人というのは、見かけは一人の人なのですが、モロッコという土地に深くつながっているんだということをいつも感じます。

 

こちらの、ページからモロッコを知るための7つの秘密シリーズの配信を

 

行っています。

 ↓

モロッコの地図を見てみよう

 

そんな、モロッコですが、モロッコの地図をまず眺めてみたいと思います。

 

アラビア語カフェでお話をしてくださっている、女性の方はカサブランカ出身です。

 

ホワイトボードに話をしながらいろいろと書いてくださったのですが、まず地図を書いてもらいました。

 

かなり、北から南へ延びる細長い形をしているのが、モロッコの国土の形です。

 

そして、カサブランカは海沿いの町で、ここがカサブランカですと、印をつけるときにほとんど海のほうへ飛び出しそうなくらい海にギリギリのところに書いてくれました。

 

カサブランカという名前はよく聞くので、首都かなとおもうのですが、首都はラバトです。

 


 

* 赤い〇で囲ってあるほうが、ラバトです。
 

モロッコの町ラバトとカサブランカ

 

ラバトには政府の重要な施設がおおくあって、政治的な役割を果たす都市。

 

カサブランカは経済の役割を大きく果たす都市です。

 

カサブランカという町の名前を、キュキュキュと黒いマジックをつかってアラビア語で書いてもらったのですが。

 

アラビア語で、カサブランカという意味が翻訳されていました。

 

具体的にどういうことかといいますと、カサというのをまず、スペイン語でCASA カーサ 家といいます。

 

そして、家というのはアラビア語では ダール というのです。

 

そして、ブランカというのは、白という意味のスペイン語です。アラビア語で ベイド といいます。

 

なので、カサブランカをアラビア語でかくと、「アッダールルベイダーっ」となります。 最初についている「あ」とか「ある」というのは

 

定冠詞です。

 

モロッコの町ラバトの町の名前の由来

 

 

もう一つの政治的な施設が多く集まった都市のラバトはこれはそのままアラビア語の意味があります。

 

歴史的に、ラバトは1170年にスペイン半島の地域に侵攻するときの拠点としてつくられたという経緯があります。

 

スペイン半島を領土にできるようにという願いをこめて、『勝利を強くつかむ』といういう意味の都市名でしたが勝利という言葉は落ちて、『強くつかむ』という意味だけが現在の都市名である「ラバト」に残っています。

 

アラビア語で書くとこうなります。

*上のホワイトボードの地図の赤い囲みがアッラバトとかいてあります。
 

地図をみたら気になるところはチェックする

 

 

ふと、ラバトの隣にある都市名をみてみますと サラーとかいてあります。地図での地名はなにやらフランスっぽいサレーという名前です。

 

 

 

この川はブーレグレグという 楽し気な名前を持つ川を挟んで北側にあります。

 

ラバトとサレーは双子都市と呼ばれたりもするそうです。

 

サレーはラバトが政治的な建物が多い町にくらべて、普通に人が暮らしている場所なんだそうです。

 

観光地にフォーカスした一番うれているガイドブックには絶対にのらない都市です。

 

一番うれているガイドブックには、マラケシュ、フェズ、エッサウィラと砂漠の都市ぐらいが乗っています。

 

このサレーというのは、訪れてみたいなと思います。

 

ラバトと比べたら観光客はあまり行かない場所なのかもしれません、ラバトからブーレグレグの川をわたって、
サレーにいって、何日か静かに滞在してみたいなと思いました。

 

サレーとラバトの間にあるちょうど、ブーレグレグの川が海にそそぐところにある町もとても風情がある場所だそうです。

 

モロッコについて、いろいろ聞いてみたいというかたは、アラビア語カフェは開催中ですので、

こちらから登録してモロッコのお話を聞いてみてください。

 ↓

モロッコを知るための7つの秘密~ワクワク感が生み出される秘密

モロッコを知るための7つの秘密~ワクワク感が生み出される秘密

モロッコの雑貨やモロッコのファッションとってもかわいいですよね。

 

いつものお部屋に、モロッコの雑貨を配置するとそこから旅が始まるような。

 

そんなワクワク感まで醸し出してしまう、楽しいデザインのモロッコ雑貨です。

 

そんな楽し気なデザインを生み出すモロッコってどんなところなんでしょうか?

 

あなたはしっていますか?

 

モロッコのかご

 

 

ケニヤなどアフリカの国々では、ビニール袋を使うことが禁止されているそうです。

 

それで、日常的にモロッコかごにあるような、天然素材のかごを使うことが多いそうです。

 

日本もビニール袋のかわりに、天然素材のかごがはやって、ビニール袋を使わなくなったらいいなとおもいませんか?

 

モロッコのかごにはさまざまなデザインがありますが、これは丸くて、おもわず座ってしまいたくなる形をしています。

 

#beachplease #holidaybag #basket #morrocanbasket #cutenote #treatsaremyfavorite @shopmaison_m #mymaisonm

Kazzagramさん(@karencornwall)がシェアした投稿 –

 

 

 

モロッコのお洋服

 

はじめて、モロッコの方のおうちへうかがったとき、そこの女性の方がドレスをきて家事をしているのをみて驚きました。

 

モロッコをしるための7つの秘密ではその辺についてもいろいろと聞いていますので、よかったら聞いてみてください。

 

 ↓
『モロッコのをしるための7つの秘密』

 

 

 

 

モロッコのクスクスについて

 

 

モロッコのクスクスを作るときには、かなり熟練の腕が必要ということを聞きました。

 

でも、モロッコのクスクスをつくるときに一つだけ、絶対に気を付けることは?

 

といったらそのコツを教えてくれました。

 

 

 

#instagram #moroccanfood #coucous #2k18 #instalife #followme #instalove

Moroccan_celebritiesさん(@moroccan_touch2018)がシェアした投稿 –

はじめてモロッコ料理に挑戦するなら、クスクスはちょっと手ごわいかもしれません。

 

おすすめのお料理は?ときいたら『タジン』でした。

 

今度は『タジン』のおいしい作り方を聞いてみようと思います。

 

モロッコに興味がでてきましたか?

 

 

モロッコ出身の素敵な女性にお願いをして、

 

モロッコの秘密をいろいろと教えてもらってしまいました。

 

7月末までの公開なので、ぜひ聞いてみて下さい。

 

LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]を タップして、コードリーダーでスキャンしてください。 友だち追加

    

 

7月のアラビア語カフェ~『モロッコとモロッコのアラビア語』

7月のアラビア語カフェ~『モロッコとモロッコのアラビア語』

モロッコと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 

アラビア語オンラインでは7月は『モロッコとモロッコのアラビア語』

 

についての特集をお送りいたします。

 

モロッコの素敵な女性にお越しいただきました。

 

7月3日火曜日には、モロッコ育ちのとても素敵な女性をゲストとしてお招きしました。

 

メルマガの読者の方から募った、モロッコについて聞いてみたいことをもとに、

アラビア語カフェではモロッコの女性Nさんにあれやこれやと質問を投げかけたところ。

 

かなり面白いお話を伺うことができました、これはどこかで皆さんにお伝えしたいと思いました。

 

モロッコって、、、

 

そんなモロッコですが、なかなかモロッコまでは行ってみたいけど。

 

まだ行ったことがないという方もいます。(私もエジプトとかは何度もいっているけれどもモロッコはまだ未体験)

 

モロッコのお料理はモロッコ出身のお料理上手の方に作ってもらったことが何度もあります。

 

モロッコのお料理、、、、すごく手間がかかるもの多いです。

 

モロッコのお母さんは本当に手間暇をかけて、家族のためにおいしいものを作るのだと感動したことがあります。

 

お菓子なんて、宝石のレベルです、ジュエリー。キラキラひかってるし、甘い。

 

ほんとうに宝石が食べれたらこんな味じゃないとか思ったりして。

 

モロッコの風景をみてみたいなら

 

モロッコ、まだ行ったことないのですが、いいことを思い出しました。

 

モロッコの風景を映画で見るのに良い素材があります。

 

タイタニックで有名になったケイトウィンスレットさんの映画です。

 

HIDEOUS KINKY

 

 

 

実は、この映画みようみようと思いながらまだ見ていないんです。

 

原作はこちらになります。

 

 

 

 

 

原作を読んだときの印象でもう一杯いっぱいだったからそれをまた、別の映像で見る必要は感じなかったというのが正直なところ。

 

でも、原作を読んだときの余韻ももうはるかかなた10年以上前だからきっと、映画をみたらまた新しいモロッコに出会えると思う。

 

郷愁のモロッコ

 

この原作者は心理学者フロイドの孫娘で、25歳という若さで二人の娘を抱えてモロッコへ旅立つという内容になってます。

 

あんまり内容を語っても、興味を持った人に申し訳ないのでこれ以上はいいませんけれども。

 

 

 


 

アラビア語カフェ

 

映画ってやっぱりストーリーですね、作りての見せたいモロッコ、イメージのモロッコというのができあがっています。

 

実際にモロッコの人とお話をするという、落ち着いた雰囲気は映画では持つことはできません、あちらはフィクション。

 

(実話がもとになっていますけれど)

 

ほんとうのところモロッコでどうなんだろうって思います。

 

やっぱり一つの国や文化や言葉について、一言で語ろうなんていうことは無理だし、映画のモロッコが嘘とかそういうわけでもない。

 

見る人によって物事は万華鏡のように少しずつ形を変えて目に移り、表現される。

 

一言でとらえられないからって、じゃあ全然取り付く島がないのかといえばそうでもなくって、やっぱり自分なりにとらえよう、

 

近づいてみようっていうのがいいかなと思います。

 

眺めているだけじゃなくって、話してみる、出かけてみる。

 

映画を見てみるっていうのも一つの手段。

 

アラビア語カフェではそんな、映画のヒロインとさほど年のかわらない、素敵な女性にお話しを伺いました。

 

こんなふうに、ホワイトボードに絵をかいて、モロッコのアラビア語も交えながら、お話は進んでいきました。

 

つづきはまた今度。