fbpx
  • 【アラビア語初級レッスン】アラビア語の基礎単語~講座
カテゴリー:【アラビア語初級レッスン】アラビア語の基礎単語~講座
ホームPage 1 / 3123


 

こんにちは、アラビア語オンラインの、ゆきです。

 

最近は、一日一ページアラビア語練習帳を作っています。

 

そしてその音声ビデオなどもYOUTUBEで配信をはじめました。

 

興味のある方はこちらから

 

 

Youtubeのチャンネル登録もしておくと、新しいビデオのお知らせが届きます。

 

アラビア語に興味がありますという方との出会い

 

2019年もそろそろ終わりですが、来年に向けて、アラビア語学習のスタートを2020年に楽しく、サラリとはじめられる方法をお伝えしていこうと思っています。

 

その第一弾がまず、アラビア語の文字とその書き方です。

 

アラビア語に興味があったけどいつから始めようかなとおもっているときに、、

 

「ゆきさんのYOUTUBEを見て学習をはじめました」

 

そんなメッセージをいただく機会がありました。

 

YOUTUBEのアラビア語配信はしているけれども、いったいどんな人がみているのか、

 

こうやってメッセージをいただけると本当に励みになります。その時のこと思わずツイートしました

 

↓↓

 

ツイッターもはじめました。アラビア語の何かをツイートしたりしていますので、フォローしてみてください。

 

アラビア語を学ぶときに必要なこと

 

アラビア語について検索をしていたら、アラビア語オンラインにたどり着き、アラビア語講座の受講生さんとなった

方からいろいろなアラビア語学習の上での質問をうけたり、相談にのったりした結果わかったことがいろいろあります。

 

その一つは、それはアラビア語を学習する時間を捻出するのが難しい!ということでした。

 

幸いアラビア語オンラインの基礎レッスンはすべて15分前後でまとめてあるので、「時間があまりない時でも、学びやすいです。」そういった感想もいただいています。

 

アラビア語をどうやってはじめたらいいですか?

 

アラビア語をどうやってはじめたらいいですか?という質問も時折いただきます。

 

アラビア語は英語と違って、まず「文字」と「発音」から始める必要があります。

 

会話のアラビア語が簡単だから、アラビア語をたくさん聞けばいい!

 

そういうのも併せていけばいいと思いますが、それだけだと人によってはずーっと何をいっているのかわからない状態が続くことがあります。

 

最初は、アラビア語の文字は手でかいて、そして声に出しながら。← これが一番効果が高いです。

その次に、単語を覚えていくのがいいです。このときもやはり「文字は手で書いて、そして声にだしながら」これは鉄板ですね。

 

文字は覚えたけど、その次が、、、

 

独学でアラビア語を始める方もとても多いのですが、「文字」は覚えたけれど「発音」がよくわからない。こういったことは学習のはじめのほうではよく起きることがあるようです。

 

「文字」の独立の形は覚えたけれども、文字がつながっていると読めません。

 

正しく発音できているのかどうか、確信がもてません。

 

どこまで発音と文字をやったら、いいのかの目安は一応あります。

 

文字をみたときに、音が頭の中に響くようになるまで、です。

 

それはどれぐらいの単語を読んだかという体験の数がかかわってきます。

 

できるだけ楽しく、効率よくアラビア語が読めるようになって、ボキャブラリーも増える方法が

 

あったらいいですよね。なので、そんなちょっとした躓きを感じている受講生さんには具体的にどうすればよいのか

方法をお伝えしていました。

 

とっても楽しいので、自分でもこっそりと、生徒さんに伝えるときに実例があるとすごくわかりやすいというのもあってやっていたのです。

 

そしたらぜひ音声も併せてお願いします!というリクエストをいただくようになり。

 

それならば、もうプチプログラムとして、やってみたい人みんなでやったら楽しいかな?とおもってやってみることにしました。

 

それがこちらです。

 

じゃん! 「カムーシー」プログラム
 

カムーシープログラムとは一体?

 

カムーシープログラムはシンプルに言ってしまえば、「自分のアラビア語単語帳をつくる」ということです。

 

プログラムに参加した人には、その先のもう一個おもしろいこともあるのですが、それは参加したときの

お楽しみです。

 

カムーシーの意味ですが、「KAMUS」というのが アラビア語で「辞書」そして 私のというのは「Y」を付けて表します。なので「KAMUSIY」 プログラムという名前になっています。

 

詳しくはこちらに書きましたのでご興味のあるかたは読んでみてください。

(追記 2019.12.11)

こちらのボキャブラリーを増やす集中アラビア語レッスンは、次回の募集の予定は12月下旬になります。
ご興味のある方は、メルマガの読者様先行で案内をいたします。

 

もしよろしかったら、こちらのメルマガにご登録の上、次回の募集をお待ちください。
なお、各募集は定員が5名となっております。

 

 

 ↓↓

こんにちは、アラビア語オンラインの羽橋ゆきです。

 

今日のアラビア語講座はアラビア語の表現についてです。

 

言葉の意味というのは、すこし付け加えるだけで広がるときがあります。

 

例えば、日本語で「オレンジ色」を表す漢字に「橙」があります。「だいだい色」といいます。

 

「だいだい」という小ぶりのオレンジのような果物があるので、そこから来ています。

 

「木」編に「登」を組み合わせると 橙(だいだい)という漢字になります。

 

アラビア語の場合はオレンジ色はどう表現するのでしょうか?

 

「木」+「登」に似たような関係はどこかにでてくるのでしょうか?

 

 

アラビア語のオレンジ色という表現の由来

 

アラビア語のオレンジという色はまず、果物のオレンジをなんというのか考えると面白いです。

 

アラビア語で果物のオレンジは「ポルトガル」といいます。

 

おそらく、ポルトガルからよくオレンジが運ばれてきたのかもしれませんね。

 

こちらに、書いてある文字は「ブルトカール」と読みます。

 

カタカナからでも、なんとなく「ポルトガル」っぽくなくもないぞと想像できるのではないでしょうか?

 


 

 

アラビア語で果物のオレンジに一言

 

 

アラビア語で果物の「オレンジ」は「ポルトガル」からきているということはわかりました。

 

オレンジ色というのは果物の「オレンジ」にYAAという文字をつけるとできあがります。

 

このようにかきます。

 

↓↓

読み方は「ブルトカーリー」です。

 


 

 

アラビア語を心の友に

 

ここで、もう一歩アラビア語の学習についてお話を進めていきたいとおもいます。

 

日本に住んでいると、アラビア語に親しむ機会があまりないわという方は、おそらくまだコミュニケーションをとるところまでは行っていないだけだと思います。

 

アラビア語を日常の中に溶け込ませるのが、アラビア語を学ぶ上で非常に大切になります。

 

アラビア語を学習するぞ!と意気込むことなく、自然にできてしまうことを考えるのが一番楽しいアラビア語に親しむ方法です。

 

私の祖母は俳句を70歳になってからはじめたのですが、80をこえてから、2番目のひ孫をみにはるばる新幹線にのってあそびにきてくれた時、ひ孫が誕生した様子を俳句にするためにいろいろとメモを取っている姿がありました

 

メモを取りながら、ちょっと疲れて横になった祖母の横には手帳とペンが置かれていました。

 

そんな祖母の姿がヒントになっています。

 

スマホを使ってやってみます。スマホの使い方はこちらの記事に書いてみました。

 

 ↓↓

オレンジ色の風景からもう一歩

 

オレンジ色から一歩ふくらませて、風景に見えるアラビア語を一つどうぞ。

たそがれです。

 

 

朝日が昇る時間も、夕日となって沈む時間もどちらの時間帯も輝くオレンジの光は本当に印象的です。

 

一日の始まりを祝うかのようであり、一日の終わりをまた祝うそんな色合いの気配です。

 

 

アラビア語って読めるようになったら楽しいかも!

 

アラビア語ってなんだろうなっておもったときに、

 

手に取ってもらえるような、アラビア語の文字講座をメルマガで配信しています。

 

こちらからよかったらどうぞ、

 

 ↓↓

アラビア文字の二番目の音はしっかりとくっつけるのがポイント

 

アラビア文字と音を学ぶシリーズです。

 

アラビア文字を始めて学ぶときに心にとめておくとよいポイントはこちらにまとめました。

 

 ↓↓

 

 

アラビア文字が全部で何個あるのか、もうわかりましたか?28個です。

 

それでは今日は、アラビア文字を一つずつ見ていこうと思います。

 

今日の文字はアラビア語のアルファベットのアブジャディーヤの二番の文字になります。

 

アラビア文字のب はくっつけるのがポイントです。

 

 

アラビア語の二番目の文字「バー」は日本語のなかにもありそうですが、ちょっと違います。

 

まず日本語の「ば」ですが、ちょっといってみてください。「ば」「ば」

 

どうでしょうか、静かな感じの「ば」ではないでしょうか?

 

 

アラビア文字の「バー」は唇の上としたを、しっかりとしめてから「バー」といいます。

 

 

なので、どちらかというと日本語の音で近いおとを探すと「パ」になります。

 

 

息をしっかりとくちから「ぱっと」出す容量で「ば」といいます。

 

 

ポイント

アラビア文字の「バー」を発音する時のポイントは唇をしっかりと閉じてから、ぱっと息を出すのがポイントになります。

アラビア文字の秘密~文字には意味がある

 

アラビア文字には秘密があります、それは一つ一つの音に意味があるのです。

 

アラビア語の「バー」にはいったいどんな意味があると思いますか?

1.場所のようななにかとどまるという意味がある

2.ばーっと飛び散るようなそんな意味がある

 

3.くっつくというような意味がある。

 

正解は3のくっつくというような意味があるのです。

 

 

たとえば、ナイフで とか ナイフを用いて という場合はナイフという言葉に+「ب」をくっつけて表現します。

 

 

日本語でも同じような意味があるといったら驚きますか?

 

 

たとえば、備品の「B」はどうでしょうか、そなえておくための品、なにかくっつくというイメージが

あるのではないでしょうか?

 

それでは、しっぽという意味の「尾」「B}はどうでしょうか?しっぽも体にくっついていますよね。

 

鼻も、びとよむときありますよね、顔にくっついています。

 

ちょっと、無理やりじゃないですか?と思われる方もいるかもしれませんね。

 

でも何個も見つけようとおもうと本当にたくさんの共通点を見つけることができますよ。

 

アラビア文字には一つ一つの文字に性格や意味がしっかりとありますので、

 

そこも一緒に覚えると新しい単語に出会ったときにイメージがつかみやすいのではないでしょうか?

 

アラビア語のバーの音を使った単語

 

こちらに、アラビア語のバーの音を使ったビデオがあります。

 

あなたも、バーを使った単語を見つけてみてくださいね。

 


 

 

こちらのアラビア語チャンネルがおすすめ。

 

つくりたてののアラビア語動画がすぐにチェックできます。

 

それではまた

おしらせ

 

アラビア語オンラインでは、

 

アラビア語の話題を配信しているメルマガがあります。

 

記事には書かないようなこともかいてあったりします。

 

読んでいるうちに別世界へのパスポートを手にしている、、そんなないようです。

プレゼントにAmazonで販売中の書籍のPDFをプレゼント中です。

 

是非登録してね

 

 ↓↓

 

 

アラビア語オンラインの文法ベーシック講座では、まずは自分のことを話せるようになる、身近な表現を学んでいきます。

 

Volume1の6回目から自分の暮らしにまつわる表現に入ります。

 

自分の暮らしといっても、どいうところから話せばよいかなと思うかもしれません。

 

そこは、まず日本語で表現をかんがえるところから始めます。

 

 

アラビア語で表現したくなったらすること

 

 

アラビア語の表現を使うのにまだ慣れていない段階では、アラビア語の表現にに移る前に、まず日本語を準備をします。

 

ステップ①日本語で自分の表現したい文章を書いてみます。

 

ステップ②日本語で書いた文章が長くなっていたら、できるだけ短く切ります。

 

イメージとしては、簡単な表現をつなげたシンプルな表現がいくつか並ぶ感じになります。

 

私は名古屋に住んでいます。

旅行会社で働いています。

映画をみるのが好きです。

 

 

 

③さらに、単純な形容詞だけをのこして、装飾的な言い回しは思い切って削ります。

 

私は、俳優のジョニーデップが大好きで、彼の映画をみるととても元気になるので、それで映画の中でも彼の映画を見るのが一番好きです。

 

長くなってしまったものは、短くきります。

 

私は、俳優のジョニーデップが好きです。

彼の映画はとてもおもしろいです。

彼の映画が一番好きです。

 

 

これで、アラビア語の表現を作る前の準備が整いました。

 

それから必要なパーツをアラビア語表現に移していくと、シンプルながらも、迷わず相手に伝わるすっきりとしたアラビア語の文章ができあがります。

最初は、カタカナでも大丈夫、アラビア語の音と文字にまず慣れてみましょう。
 ↓↓

 

 

 

アラビア語学習をするときに心掛けたいこと

 

 

どんな学習にも言えるのですが、自分のできること、自分のできたことにフォーカスするようにしましょう。

 

学習者さんの、アラビア語を学習する環境もそれぞれ違いますし、取り組みやすいポイントなどもそれぞれ違います。

 

アラビアの文字の繋がりを覚えているときだったら、つなげない文字がどれだかだんだんとつかめてきて、自然に隣の文字とつなげずに書くことができた。

 

そういうところ一つでも、できたな~としっかりと自分を受けてとめてあげてください。

 

ほめると伸びます。自分でほめても伸びます。

 

そこは、学習者さん自身が自分をしっかりと認めてあげて、ほめてあげるコーチになりながらアラビア語を進めていく自分を見守る必要があります。

 

アラビア語にまつわるいろいろなことを日本語アンテナに乗せる

 

 

90パーセントの場合は、あれ、と思ったときに書きだすことにより、時間差で理解ができてしまうこともあります。

 

そして、もう一つ学習者さんは、わからないところがあったらメモをとっておいて、質問箱にちゃんと届けるということをするといいと思います。

 

心のもやもやを解消する方法として、良く紹介されていることがあります。

 

言葉にするとすっきりする。

 

心の中にある未解決のことは、そのまま言葉にしないでなんとなく思っていると、だんだんと自分の中がいっぱいになってきてしまいます。

 

なので、心をすっきりさせるためには、見えるように文字にして書きだすのがとても効果的なんです。

 

よく、マインドフルネスという言葉をききます。

 

アラビア語の学習を進めていくときにも、今やっていること、できたこと、疑問にお思ったことに気持ちを添わせておくことは大切です。

 

ととてもきづきがたくさんあり、できるできないではなく、全体を見渡す状態で学習が進むと思います。

 

 

アラビア語学習とマインドフルネス

 

 

自分の状態をマインドフルネスにすると、ストレスがなくなるといいます。

 

これは、アラビア語にも当てはまるんです。

 

自分の心が、例えば5分のアラビア語プリントに取り組む間、どのような感覚をもっているのか、第三の目で観察をすること。

 

アラビア語を学習していて、ほんのちょっとしたことでも、疑問におもったこと、あれ?とおもったことはアラビア語教材プリントの端っこに書いておくのです。

 

そして、一週間に一回でも、その都度でもいいので質問箱に投げておきます。

 

アラビア語学習をすると、なんだか心が軽くなっていきます。

 

 

いつもの世界のからを破る一つの手段

 

 

外国語を学ぶと、考え方が柔軟になるとよく言われます。

 

それは、言葉が存在する意味とも深くかかわってきます。

 

言葉は、とても人の心に作用するため、いつも同じ言葉に触れていると、そこにとらわれてしまうということがあります。

 

これは光と影のようなもので、どうしてもそうなるのですけれども。

 

その言葉が存在する場所、そのものが異なる言葉を学ぶとき、いつもの自分の考え方というのは、すこしどこかへ置いておかなくてはいけなくなります。

 

これは本当に、考え方や心のストレッチにもつながるので、ぜひアラビア語に興味があるなというかたはアラビア語オンラインのメルマガでアラビア語に触れてみてください。

名前一つも、アラビア語の文字で書くだけで、変化がおきてしまいます。クレオパトラも例外ではありませんでした。
  ↓↓

 

アラビア語の文字についてや、アラビア語プリントを配信中です。

 ↓↓

ホームPage 1 / 3123