言葉というのは無数にありますが、「ありがとう」という言葉はとても大切な言葉だなと思います。

 

アラビア語を学びはじめたらぜひ、この「ありがとう」という言葉を覚えてみてください。

 

どんなアラビア語の本にも載っているスタンダードな「ありがとう」から会話でよく使われるありがとう。

 

それからちょっと、知られていないような「ありがとう」を今日はお伝えしたいと思います。

 

標準アラビア語での「ありがとう」

 

標準アラビア語というのは、別名現代アラビア語といわれます。アラビアの諸国の新聞や書物などに書かれている言葉です。

 

標準アラビア語での「ありがとう」は「シュクラン」。

 

返事をするときの「どうしまして」は「アフワン」といいます。

 

こちらに、アラビア語の「ありがとう」と「どういたしまして」の発音と書き方のビデオがありますので参考にしてみてください。

 

口語アラビア語での「ありがとう」

 

口語アラビア語というのは、別の呼び方をすると、アラビア語の国々にはそれぞれアラビア語方言といわれる、口語アラビア語が存在します。

 

エジプトのアラビア語方言は「アンミーヤ」、モロッコのアラビア語方言は「ダリジャ」と呼ばれています。他にもイラクの方言、湾岸方言いろいろあります。

 

私が親しんでいるのは、エジプトの口語方言です。なので、今日はエジプトのアンミーヤをご紹介します。

 

アラビア語では、自分が話し手として女性なのか、男性なのかで話し方を変えなくてはいけません。

 

男性が話すときでも、女性が話すときでもどちらでも使える表現がこちらです。

 


 

ムタシャッキリーン もしくは ムッチャッキリーン と聞こえます。

 

そして「どういたしまして」は、エルアフー もしくは 標準アラビア語と同じ アフワン となります。

 

もう一つ簡単なありがとうは「メルシー」です。

 

なんで、フランス語?とおもわれるかもしれませんが、「メルシー」は普通に使います。

 

シスターたちと話すとき~とても丁寧な表現

 

クルアーンを共に学ぶシスターの皆さんは、このような表現でお礼を言う方が多いです。初めて聞いたときはいったいなんていっているんだ?とドキドキしました。

 


 

「ジャザークムッラーフハイラン」といいます。意味は 「あなたがたに神様から良い返礼がありますように」
 

そして 返事は「ワイーヤークム」となります。「あなたにも(神様からの良い返礼がありますように)」
 

こちらも挨拶も挨拶をする相手が女性なのか男性かによって、形が少しかわってきます。でもこの言い方ですと男性、女性関係なく使うことができます。

 

この記事が良かったなと思われたらシェアをお願いします。