アラビア語オンラインの文法ベーシック講座では、まずは自分のことを話せるようになる、身近な表現を学んでいきます。

 

Volume1の6回目から自分の暮らしにまつわる表現に入ります。

 

自分の暮らしといっても、どいうところから話せばよいかなと思うかもしれません。

 

そこは、まず日本語で表現をかんがえるところから始めます。

 

 

アラビア語で表現したくなったらすること

 

 

アラビア語の表現を使うのにまだ慣れていない段階では、アラビア語の表現にに移る前に、まず日本語を準備をします。

 

ステップ①日本語で自分の表現したい文章を書いてみます。

 

ステップ②日本語で書いた文章が長くなっていたら、できるだけ短く切ります。

 

イメージとしては、簡単な表現をつなげたシンプルな表現がいくつか並ぶ感じになります。

 

私は名古屋に住んでいます。

旅行会社で働いています。

映画をみるのが好きです。

 

 

 

③さらに、単純な形容詞だけをのこして、装飾的な言い回しは思い切って削ります。

 

私は、俳優のジョニーデップが大好きで、彼の映画をみるととても元気になるので、それで映画の中でも彼の映画を見るのが一番好きです。

 

長くなってしまったものは、短くきります。

 

私は、俳優のジョニーデップが好きです。

彼の映画はとてもおもしろいです。

彼の映画が一番好きです。

 

 

これで、アラビア語の表現を作る前の準備が整いました。

 

それから必要なパーツをアラビア語表現に移していくと、シンプルながらも、迷わず相手に伝わるすっきりとしたアラビア語の文章ができあがります。

最初は、カタカナでも大丈夫、アラビア語の音と文字にまず慣れてみましょう。
 ↓↓

 

 

 

アラビア語学習をするときに心掛けたいこと

 

 

どんな学習にも言えるのですが、自分のできること、自分のできたことにフォーカスするようにしましょう。

 

学習者さんの、アラビア語を学習する環境もそれぞれ違いますし、取り組みやすいポイントなどもそれぞれ違います。

 

アラビアの文字の繋がりを覚えているときだったら、つなげない文字がどれだかだんだんとつかめてきて、自然に隣の文字とつなげずに書くことができた。

 

そういうところ一つでも、できたな~としっかりと自分を受けてとめてあげてください。

 

ほめると伸びます。自分でほめても伸びます。

 

そこは、学習者さん自身が自分をしっかりと認めてあげて、ほめてあげるコーチになりながらアラビア語を進めていく自分を見守る必要があります。

 

アラビア語にまつわるいろいろなことを日本語アンテナに乗せる

 

 

90パーセントの場合は、あれ、と思ったときに書きだすことにより、時間差で理解ができてしまうこともあります。

 

そして、もう一つ学習者さんは、わからないところがあったらメモをとっておいて、質問箱にちゃんと届けるということをするといいと思います。

 

心のもやもやを解消する方法として、良く紹介されていることがあります。

 

言葉にするとすっきりする。

 

心の中にある未解決のことは、そのまま言葉にしないでなんとなく思っていると、だんだんと自分の中がいっぱいになってきてしまいます。

 

なので、心をすっきりさせるためには、見えるように文字にして書きだすのがとても効果的なんです。

 

よく、マインドフルネスという言葉をききます。

 

アラビア語の学習を進めていくときにも、今やっていること、できたこと、疑問にお思ったことに気持ちを添わせておくことは大切です。

 

ととてもきづきがたくさんあり、できるできないではなく、全体を見渡す状態で学習が進むと思います。

 

 

アラビア語学習とマインドフルネス

 

 

自分の状態をマインドフルネスにすると、ストレスがなくなるといいます。

 

これは、アラビア語にも当てはまるんです。

 

自分の心が、例えば5分のアラビア語プリントに取り組む間、どのような感覚をもっているのか、第三の目で観察をすること。

 

アラビア語を学習していて、ほんのちょっとしたことでも、疑問におもったこと、あれ?とおもったことはアラビア語教材プリントの端っこに書いておくのです。

 

そして、一週間に一回でも、その都度でもいいので質問箱に投げておきます。

 

アラビア語学習をすると、なんだか心が軽くなっていきます。

 

 

いつもの世界のからを破る一つの手段

 

 

外国語を学ぶと、考え方が柔軟になるとよく言われます。

 

それは、言葉が存在する意味とも深くかかわってきます。

 

言葉は、とても人の心に作用するため、いつも同じ言葉に触れていると、そこにとらわれてしまうということがあります。

 

これは光と影のようなもので、どうしてもそうなるのですけれども。

 

その言葉が存在する場所、そのものが異なる言葉を学ぶとき、いつもの自分の考え方というのは、すこしどこかへ置いておかなくてはいけなくなります。

 

これは本当に、考え方や心のストレッチにもつながるので、ぜひアラビア語に興味があるなというかたはアラビア語オンラインのメルマガでアラビア語に触れてみてください。

名前一つも、アラビア語の文字で書くだけで、変化がおきてしまいます。クレオパトラも例外ではありませんでした。
  ↓↓

 

アラビア語の文字についてや、アラビア語プリントを配信中です。

 ↓↓