アラビア文字は全部で28文字で、プラス2つの文字ではないけれど、
文字と一緒によく使う形がセットになっています。
28文字と2つのよく使う文字の形と似ているものでできています。

でも、アラビア語の文字によくにていて、アラビア語を書くときに使う文字のようなものがまだあるんです。

その文字の名前は、「アリフマクスーラ」といいます。

どんな形をしているかといいますと。

(私のインスタグラムから)

こちらのアカウントでは、アラビア語の紹介もしています。

アラビア文字のどの形に似ているでしょうか?

これはどのアラビア文字、アブジャディーヤに似ていると思いますか?

そうです、YA にとてもよく似ているんです。

アラビア文字のYAはこれです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

翻訳:私はヤーです、点々があります。 My name is ya I have two dots 💕 #文字 #文字デザイン #美文字 #アラビア語 #オンライン #語学教室 #文法 #外国語会話 #会話レッスン

Yukihanaさん(@yukihane_fra)がシェアした投稿 –

点がないだけで、同じ読み方をするんじゃないんですか?

ただ、YAに点点を付け忘れただけじゃないんですか?と思いますよね。

でも、これは点点を付け忘れたわけではないんです。

YAでしたら、読む時の発音は「ヤー」なわけですけれども、この文字の発音は「ヤー」ではないんです。

アリフマクスーラの音はどんな音かといいますと、

アリフマクスーラの音は「ア」か「ア~」です。

アラビア文字の中で、同じ音をもつものは、アリフの文字になります。

アラビア文字のアブジャディーヤの一番最初に出てくる文字です。

いつも、頭の上にハムザを載せていたり、根元にハムザを置いていたりするあの、アリフです。

なぜ、形は全然にていないのに、まぎらわしく、「アリフマクスーラ」という名前になったのか?

アリフマクスーラという文字の形の名まえの由来

アリフというのは文字の名前です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yukihanaさん(@yukihane_fra)がシェアした投稿

そして、マクスーラというのは、壊れているとか、変形しているという意味になります。

なので、アリフの形が変わってしまったものという意味になります。

そうすると、なるほど、アリフの音は「ア」で アリフマクスーラの音も「ア」だけど、形だけ変わってしまったのね。

ということがやっとわかるわけです。

アリフマクスーラの使いどころ

アリフマクスーラの説明をしなくては、と思ったのはアラビア語オンラインの初級文法講座のなかで、ちょうどでてきたからです。

どこどこへ という例文の中で、このアリフマクスーラがでてきます。

アラビア語でどこどこへという表現は前置詞の「イラー」をつかいます。

このように書きます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yukihanaさん(@yukihane_fra)がシェアした投稿

ヤーのような形をしているけど、点々がありません。

解説のビデオをとりながら、、一瞬動きがとまってしまいました。

「文字の講座のなかで、はまだこのアリフマクスーラを使っていなかった、ここで説明をしたい。。。」

ということで改めてアリフマクスーラについて解説をと思ったわけです。

*
アラビア語オンラインの初級文法講座の内容や、

アラビア文字メール講座が受講できるメルマガはこちらです。

アラビア語の秘密の学び方のわかるAmazon書籍の原稿も

プレゼント中です。こちらの書籍の第一版のものです。

 ↓↓  

h

この記事が良かったなと思われたらシェアをお願いします。
タグ