アラビア語のタンウィーンについて~陰陽マーク?

今日は単語の最後につけられるタンウィーンについてです。

 

タンウィーンは「Nの音を付ける」という意味があります。

 

それでは、タンウィーンがどんなふうに書かれるのか、

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

タンウィーンをアラビア語で

 

 

これはアラビア語でタンウィーンと書いてあるものです。
 

タ~、ヌーン、ワーウ、ヤー、ヌーン

 

で続けて読むと、タンウィーンになります。

 

 

ヌーンの音が最後につく様子

 

どのようにして、ヌーンの音が単語の最後につくのか、みてみましょう。

 

この単語は 「リサーラ」と読んで、「手紙」という意味があります。

 

リサーラにターマルブータがついているので、これは女性名詞ということが分かります。

 

ターマルブータの音は T の音です。 それに「AN」 をつけると「T AN」になります。

 

でもここでは、 T AN とは書かずに、元の単語の形をたもったまま、ファタハターンを付けることですっきりなっています

 


 

 

 

つぎにタンウィーンの種類を見てみましょう。

 

タンウィーンの種類

 

タンウィーンには 母音の A をあらわしたファタハ。

 

I の音を表した カスラ。

 

U の音を表した ダンマ。

 

を二つ重ねたものがタンウィーンです。

 

それぞれ、「アン」「イン」「ウン」と読みます。

 

それぞれのタンウィーンをもう少し詳しく

 

母音の「ア」の音が二つ という意味で、ファタハターンといいます。

 

ファタハ に アーン と伸ばした音をつけると、それは「二つある」ということを表します。双数形を表現します。

 

母音の「イ」の音が二つという意味で、カスラターンといいます。

 

最後に、母音の「ゥ」の音が二つという意味で ダンマターンといいます。
 


 

 

ダンマターンには3つの形がある。

 

こちらに書いたのは、3つともすべてダンマターンのタンウィーンです。

 


 

 

真ん中の形などは、陰陽マークの「太陰太極図」を彷彿とさせます。


 

 

どうしてこんなにいろいろな形ができたのか気になりますが、それはまた今度。

 

アラビア語を始めたばかりの人にぴったりの、

 

アラビア語文字無料講座をつくりました。

 

よかったらお試しください。

 

 ↓↓